ライフスタイル もうビールは苦いものじゃない!?4月、ビールの定義変更で一気にフルーツ化へ!

暑くなると、冷たいビールをグイッと飲みたくなります。ただ、従来のビールの特有の苦みがちょっと苦手という人も。そんなみなさんに朗報です。今年の4月から酒税法の改正に伴いビール定義が拡大され、よりフ多様なビールが登場します。

酒税法改正に伴うビール定義の拡大により、多様なビールが登場

酒税法では、国内で販売するビールについて、「麦芽比率67%以上」と定義され、原料も麦芽、ホップ、水以外の副原料を麦や米などと定められていました。今回の改正で、「麦芽比率50%以上」に見直され、副原料としてフルーツやハーブやスパイスも使用できるようになりました。以前は、麦芽を67%以上使用していても、フルーツなどを使用するとビールとは表記できず、開発側としては、「発泡酒=安いお酒」というイメージをもたれることもあり、残念な思いをしたこともあるそう。4月からは、麦芽重量の5%までフルーツなどの副原料が使用でき、ビール新時代に突入します。このタイミングで、各社から新時代のビールが登場するので要チェックですよ。

大手3社の新定義ビールをチェック

ビールの多様化がスタートすることで、ビールの楽しみ方も広がります。それぞれの新商品をシーンやペアリングをイメージしながらご紹介します。

 

『グランドキリン ひこうき雲と私 レモン篇』

『グランドキリン ひこうき雲と私 レモン篇』

キリンビールからは、『グランドキリン ひこうき雲と私 レモン篇』が、4月17日に発売されます。レモンピールを使用した柑橘の風味で、さわやかな余韻が楽しめるレモンビールです。レモンビールという表現自体、なんだかとっても新鮮です。アルコール度数は、5.5%と一般的なビールより、やや高めですが、レモンのさわやかな風味でこれからの季節にぴったりです。また、レモンの風味を生かしてのお料理とのペアリングもお奨めです。

 

☆ペアリングにオススメ!「桜海老と春野菜のスパゲッティ―ニ」

「桜海老と春野菜のスパゲッティ―ニ」

レモンの風味で海老が引き立ち、菜の花との相性も抜群。春野菜の苦みとレモンの苦みもマッチするそう。レモンの風味づけをするお料理とはとても相性がいいようです。

1 2