ライフスタイル おいしさに感動!ネットで「買ってよかった」と話題になっている成城石井のスイーツ10選

スイーツは最高のご褒美。食べてガッカリしたくないですよね。ハズレを引かないためには一体どうすればいいのでしょうか?それは、なるべく誰かが購入後に「おいしかった!」と絶賛している商品か、「買ってよかった!」と満足している商品を選ぶこと。

絶品スイーツは、TwitterなどのSNSでよく話題になっています。ただ、それが本当に満足できる味なのかどうかが気になるところですよね。そこで、#成城石井で見つけた評価の高いスイーツを徹底検証。その結果、「確かにいい!」となったものを以下から10個ご紹介します。

実際に評判通りで買ってよかった成城石井のスイーツ10選

1:「特製焼プリン」

「特製焼プリン」

まずは、「特製焼プリン」から。成城石井のスイーツを調べると、必ず出てくるのがこれ。Twitterでは、「プリン本来の味を思い出す感じ」「いい卵を使っていてうまい」などと絶賛されています。優しい甘さで、固さも理想的。作りがシンプルだからか、まさにちょうどいいおいしさなのです。しばらくすると、また食べたくなる中毒性もあります。ちなみに筆者はこれまで成城石井ではいつも他のプリンを買っていましたが、完全にこちらに乗り換えました。

2:「プレミアムチーズケーキ」

「プレミアムチーズケーキ」

成城石井と言えば、これ。約10年前に発売以来のロングセラーで、年間90万本以上売れているそうです。食べてみると、噂以上のおいしさ。チーズケーキの概念が覆ります。

切り分けるとこんな感じ。

パウンドケーキみたいな見た目なのに食べたらしっかりチーズケーキなので、いい意味で予想を裏切られるのです。手が止まらなくなること間違いなし。レーズンが味のアクセントになっていて、ご馳走感もあります。

3:「生プレミアムチーズケーキ」

「生プレミアムチーズケーキ」

これは、「鬼うますぎる」「中のレーズンとスライスアーモンドがめちゃめちゃいい仕事している」とのツイートが多かったスイーツ。プレミアムチーズケーキのカップ版といったところでしょうか。数々のメディアで取り上げられています。「プレミアムチーズケーキ」と内容はほぼ一緒。中にレーズンとアーモンドがたっぷり入っていて、食べ応え抜群。ケーキをスプーンで食べているような感じがします。サイズ的には、こちらのほうが一人暮らしにはちょうどいいです。

4:「たまごパン」

「たまごパン」

成城石井の人気商品のひとつ。この「たまごパン」は、「味が濃厚。止まらなーい」「やめられない止まらない、危険な食べ物」と話題のスイーツ。名前はパンですが、食べると全くパン感はありません。近いのは蒸しパンですが、食感はパウンドケーキ寄りです。しっとり&もっちりしていて、ロールケーキやカスタードケーキのクリームがないバージョンともいえます。まさに「卵の黄金比」。今まで食べたことのない、味わいと口どけです。

「たまごパン りんご」

プレーンもおいしいですが、ドライアップルの入った「たまごパン りんご」も絶品。シンプルな見た目にいい意味で騙されて、ひと口食べると痺れます。

リピート買い続出のスイーツたち!

1 2 3