ライフスタイル 東京出張に利用したい!この春オープンのコスパよしホテル3

「最高の朝」コンテンツが充実!銀座エリアのホテル

ホテル インターゲート 東京 京橋

東京メトロ銀座線の京橋駅、都営浅草線の宝町駅より徒歩1分!銀座へも徒歩数分で、東京駅も徒歩圏内と仕事にもオフタイムを充実させるにもアクセス良好なホテルです。ここでのステイは宿泊者が無料で利用できる「インターゲートラウンジ」を使いこなすのがポイント!

チェックイン後はソフトドリンクやお菓子、夕方はカクテルタイム、そして21時から23時はお夜食としてお茶漬けが、時間帯によって変わるくつろぎのコンテンツが充実しています!翌朝6~7時は「こだわりのコーヒーとスムージー」の時間帯。

宮内庁御用達コーヒーブランドの「珠屋小林珈琲店」のコーヒー豆などが日替わりで用意されています。その日の天候によって最適な温度を設定し、最高の美味しさを引き出すドリップマシンで抽出した極上の1杯が味わえます。「朝1時間早起きしたくなるコーヒー」ということなので、目覚めの1杯にしても!

「インターゲートラウンジ」。宿泊者はラウンジの利用が無料! ※朝食と一部アルコールは有料。

また、活力の湧く朝食も魅力。フランス料理界最高の名誉のひとつである「レ・ディシプル・ド・オーギュスト・エスコフィエ」を2007年に授与された、インターゲートホテルズ 料理特別顧問の江本浩司さんが監修した、ひと手間掛けた野菜たっぷりの朝ごはんを味わえるのは宿泊者だけ。

「焼き立てパンとごちそう野菜の朝ごはん」2,000円(税別)。土曜・日曜・祝日の朝食時間帯は「泡活」称し、スパークリングワインも登場!

また、ホテルの「旅先での新しい発見やつながりを見つけるきっかけ作りをお手伝いしたい」という想いから、「江戸切子」や「和綴じ製本」といった、東京の伝統産業の工芸品の展示もあります。江戸切子の端材を利用した万華鏡づくりや、和本づくりなどのワークショップを不定期で開催、参加して江戸文化体験するのもいいですね。予定など詳細はHPをチェックして!

そして気になる客室は、シンプルで落ち着いたデザイン。

シンプルで機能的な「スタンダードシングルルーム」。

世界中のラグジュアリーホテルに導入されている「シモンズ」社と共同開発したオリジナルマットレスが全室に配されています。クッション性のよさだけでなく、吸湿性や通気性などにも配慮され、よりよい睡眠をサポート。ぐっすり眠って翌朝はスッキリと起きられそうです。

ホテル インターゲート 東京 京橋。

【DATA】
ホテル インターゲート 東京 京橋
住所:東京都中央区京橋3丁目7-8
https://www.intergatehotels.jp/tokyo_kyobashi/

1 2 3