ライフスタイル 料理上手は“だし”上手?料理が得意な人もそうじゃない人も、9割の既婚女性が「市販だし」を使っていた!

料理用語には「だしをひく」という言葉がありますが、乾物でじっくりだしをとると、料理がグレードアップするような気持ちになります。とはいえ実際に昆布や煮干しを水からじっくり浸し、カツオを入れてだしをとるのはかなり面倒くさいもの。特に仕事を持つ女性や子育て真っ最中のママ世代は、「やりたいけれど手間が……」という人も多いかもしれません。

 

料理の強い味方といえばやはり「市販だし」!

「株式会社Mizkan」では、料理を週4日以上行なっている20代以上の既婚女性を対象に「だしに関する調査」を実施しています。こちらによると、「主に和食を作る際にだしを使う」と答えた人は、料理が得意不得意に限らず全体93.5%だそう。日本の食卓にだしは欠かせないことが分かります。

では使う人はどんな方法でだしをとっているのでしょうか?同調査では料理が「得意である」「どちらともいえない」「得意ではない」と答えた人ごとに、使用するだしの種類を調査しています。

料理上手の人が愛用している乾物は、かつおぶしよりも昆布!しいたけも使いこなしています。

圧倒的に多いのは「市販のだしパックや希釈タイプの液体だし、粉末、顆粒などの関連商品を使用する」。料理の腕前に限らず8割越えとなっており、市販だしを使うのは当然となっていることが分かります。料理が苦手な人の中にはもしかしたら「料理が得意な人は市販だしを使わない」と思っている人もいたかもしれませんが、そんなことはないのです。

しかし料理上手の人の結果をよく見ると、市販だしを使いつつこんぶやかつお、煮干し、しいたけといった素材からもだしをとる人が多い傾向にあります。つまり料理によって、市販だしと乾物を使い分けているようです。

1 2