ライフスタイル 注ぐだけ! だしいらず! お疲れでも作る気になれるヘルシースープ<前編>

疲れてヨレヨレの時も、ホッと和めるのが、カラダにやさしいスープ。フードコーディネーターの蓮池陽子さんに教えてもらった、スープの時短ワザをご紹介します! 毎朝の食事におすすめなインスタント系から、休日に作りおきしたいガッツリ系まで、ぜひ食事に取り入れてくださいね♪

お湯を注ぐだけの超簡単スープ

火を通さなくていい食材を組み合わせれば、あっという間に、マイインスタントスープが完成。ベースはコンソメや塩昆布&しらすを組み合わせれば、調味料も最小限。

【レタスとベーコンのコンソメスープ】

kenjo_20140818_01

材料(1人分)
レタスなどの葉野菜 … 適量
ベーコン(薄切り) … 1枚程度
トマト … 適量
コンソメ … 1/2個
コショウ … 適量

作り方
1 容器に適当な大きさに切ったレタス、トマト、ベーコンにコンソメを入れお湯を注ぐ。
2 好みでコショウを加え、よく混ぜて完成。

【しらすと塩昆布と梅干しのおつゆ】

kenjo_20140818_02

材料(1人分)
しらす干し … ひとつまみ
塩昆布 … ひとつまみ
梅干し … 1個
貝割れ大根 … 1/6パック程度
のり … ひとつまみ

作り方
1 器に材料をすべて入れてお湯を注ぎ、よく混ぜていただく。

キムチを使えば面倒なだしいらず!

スープに発酵食品のキムチを加えるだけで、エキスが出て、コクのある韓国風スープに。カプサイシンで脂肪燃焼。おなかの調子も整えます。

【キムチ入りお手軽韓国スープ】

kenjo_20140818_03

材料(1人分)
キムチ … 70g
エノキダケ … 50g
モヤシ … 100g
ニンニク … 少々
ニラ … 1/5束
しょう油 … 小さじ1程度
塩 … 適量
水 … 500ml
ごま油 … 少々

作り方
1 鍋にお湯を沸かし、キムチ、エノキダケ、すりおろしたニンニクを入れてひと煮立ちさせ、モヤシも加え、しょう油、ごま油、塩で味を調える。
2 4cmほどに切ったニラを加え、火を止める

◆キムチやぬか漬けなどの発酵食品は、生野菜より栄養価が高いけど、塩分多め。ポイントとして使うのが◎。

フリージングして作りおき

スープは多めに作って、1食分ずつ冷凍保存しておくと便利。ただし、イモ類は味が落ちるので、入れないようにしましょう。

【ポークトマトスープ】

kenjo_20140818_04

材料(1人分)
タマネギ … 1/2個
セロリ … 5cm程度
豚切り落とし肉 … 100g
ダイストマト缶 … 1缶(400g)
水 … 400ml
コンソメ 1個
砂糖 小さじ2
塩、コショウ 適量
オリーブオイル 大さじ1

作り方
1 鍋を熱してオリーブオイルを入れ、タマネギ(薄切り)、セロリ(薄切り)を炒め、タマネギが透き通ってきたら、トマト缶、水、コンソメ、砂糖を加え、中火にかける。
2 1がひと煮立ちしたら、豚肉を入れて混ぜ、さらにひと煮立ちしたら火を止め塩、コショウで味を調える。

◆粗熱を取り、冷凍保存袋に入れる。完全に冷めたらファスナーを閉じて、平らにして冷凍庫へ。

▼インスタントスープで作る絶品レシピは次のページで!

1 2