ライフスタイル 「ブルーハワイ」が好きなのは若い証拠!?「宇治金時」の良さに気づくのは……かき氷の好みにみる年代ギャップ

子どもが大好きな夏の定番デザートといえば「かき氷」。夏のお祭りや海で食べるのも最高ですが、家で「かき氷機」をガリガリ回してつくる手作りもいいものです。削った氷にいちごや練乳などのお好みのシロップをかければ完成するお手軽さもだいご味ですが、最近は専門店による“進化系かき氷”も注目されているようです。

「ブルーハワイ」の人気は20代前半がピーク!

外食のトレンドを調査・研究する「ホットペッパーグルメ外食総研」では、そんな「かき氷」についてのトレンドを調査しています。まずかき氷について「好き」「どちらかというと好き」と答えた人は合計で62.3%だそう。ほか「どちらかといえば嫌い」「嫌い」が合計13.4%、「どちらともいえない」が24.3%となっています。

さらにかき氷の「好きな味」についての調査を年代別に集計。以下グラフ化したものがこちらです。

年代を問わない「練乳」人気の安定感がよくわかるデータです。

突出しているのは幅広い世代による「いちご」の人気。しかし30歳後半をピークに支持率は下がり、そのかわり年齢を重ねるごとに「練乳」と「宇治金時」じわじわと支持率を上げているのです。一方「ブルーハワイ」は20代前半だと「いちご」と同じくらい人気ですが、その人気は年齢とともに下がっていく傾向に。ブルーハワイを好むのは若い証拠で、人は年齢を重ねると宇治金時の美味しさに気づく傾向にあるのかもしれません。

1 2