ライフスタイル 焼き豆腐、油揚げ、もやし…冷蔵庫で眠りがちな「使い切れない食材」お助け時短レシピ

なるべく自炊で……とは思っても、使い切れない食材が増えてくると何を作ろう~と、レシピ迷子になってしまいますよね。冷蔵庫に残りがちな食材を使った、美味しくて手軽なレシピを「時短レシピ」からご紹介します!

焼き豆腐 → ピザトーストに!

すき焼きや鍋の具材など、名脇役として登場する焼き豆腐。特有の硬さと焼き目を生かしたアレンジにすれば、主役のメインディッシュに。イメージは、豆腐田楽の洋風アレンジ。バジルソースとの相性もよく、チーズをたっぷり乗せて焼いて、熱々を召し上がれ!

kenjo_20140916_01

【焼き豆腐ピザトースト】
材料(1人分)
・焼き豆腐 1/2丁 
・スライスチーズ(加熱で溶けるタイプ)1~1.5枚
・バジルペースト、ケチャップ 各小さじ1~2
作り方
1.焼き豆腐を1/2の厚さにスライスし、キッチンペーパーに包んで電子レンジ(500W)に40秒ほどかけて水気を切る。
2.耐熱皿に焼き目を下にして1を置き、上にバジルソースとケチャップを塗る。
3.スライスチーズを2の豆腐の上に乗せ、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。

>>さらに詳しいレシピはこちら

戻しすぎた干しシイタケ → ミートソースに!

含め煮や春巻きなど、和食や中華料理で活躍する干しシイタケ。「足りないかも……」と、多めに戻して、使い残してしまうこともありますよね。ミートソースやカレーなどの煮込み料理で、肉の一部を干しシイタケに変えると違和感ない仕上がりで、上手く使い切ることができますよ。

kenjo_20140916_02

【干しシイタケ入りミートソース】
材料(2人分)
・ミートソース(缶詰) 1缶
・干しシイタケ 1~2枚(戻したもの)
・プチトマト 3個(または、トマト1/4個)
・タマネギ 1/6個(薄切り)
・オリーブ油 小さじ2

作り方
1.干しシイタケは石づきを落とし、細かく切る。
2.厚手の鍋にオリーブ油を入れ、タマネギをしんなりするまで炒める。
3.2にミートソースと1、プチトマトを加え、プチトマトをつぶしながら軽く煮込む。
※干しシイタケの戻し汁があれば、大さじ1程度加え、一緒に煮込む。ゆでたてのスパゲッティとあえれば、簡単に一品できあがり!

>>さらに詳しいレシピはこちら

油揚げ → ボリュームのあるお惣菜に!

おでんやお鍋によく入っている“巾着”をアレンジ。今回は、鶏ガラスープベースですが、鶏ひき肉と油揚げからの旨みも加わり、洋風や和風出汁でもコクのある仕上がりに。煮た後、一度冷まして味をなじませて、常温で食べても美味しいので、おうちでご飯会の時に作っておけば、さっと出せる便利な一品。

 kenjo_20140916_03

【油揚げのファルシー】
材料(6個分)
・鶏ひき肉 90g
・油揚げ 3枚
・新ごぼう  6㎝ ※5㎜角に切り、水に数分つけてあく抜きする。
・干ししいたけ(生しいたけでも可) 中2枚 ※戻しておく。
・ニンジン 3㎝
・片栗粉 大さじ1
・塩 小さじ1/6
・楊枝 6本

<だし汁>
・鶏ガラスープ 300cc 
・料理酒 大さじ1
・しょうゆ 小さじ1/2

作り方
1.野菜は全て細かく切る(5㎜角程度)。
2.油揚げは麺棒などで押しながら転がし、開けやすくする。たっぷりの熱湯に油揚げを入れて油抜きしてザルに上げ、キッチンペーパーで水気をとる。半分に切って袋状に広げる。
3.ボールに鶏ひき肉と1を入れ、塩を加えて粘りが出るまで混ぜる。1/6量を油揚げに詰め、口を楊枝で留める。
4.鍋に<だし汁>の材料を入れ中火にかける、煮立ったら火を弱め、3を加えて弱火で20分ほど煮る。火を止め、あればポン酢(小さじ1/4)を加えて軽く混ぜる。

>>さらに詳しいレシピはこちら

▼中途半端に余ってしまった「もやし」アレンジは次のページで!

1 2