ライフスタイル 上野公園にあるスタバで芸術の秋を満喫♪あなたの彩った葉がタンブラー台紙に!

上野公園にあるスターバックスコーヒー上野恩賜公園店では、9月の3連休(15~17日・22~24日)に誰でもアート体験に参加できる「STARBUCKS OPEN ART VILLAGE」が期間限定で開催されています。スターバックスは、8月31日より芸術の秋を楽しむイベント“Artful Autumn @ STARBUCKS  ”を展開中で、「STARBUCKS  OPEN ART VILLAGE」もその一環。そのアートとコーヒーの融合を、ご紹介します。

誰でも参加自由!アートの木にあなた色の紅葉をプラス♪

まず、「STARBUCKS  OPEN ART VILLAGE」の入口には、アーティスト・北澤潤氏による移動式屋台をモチーフにしたオブジェ「FIVE LEGS」がお出迎え。

公園の雰囲気に溶け込んだ、野外のアート空間はここからスタート!

そして中心にそびえ立つのは、チョークボードに描かれた合作アート「ART TREE」が。スターバックスの「GAHAKU」と呼ばれるチョークボードのスペシャリスト15人と、障がいのあるアーティストが力を合わせて描いた、動物や草花が生息する森が描かれています。

スターバックスの各店舗にあるチョークボードはプロに頼んでいるのではなく、お店で働くパートナー(従業員)が描いているものだそう。そして、その中から毎年選出されたトップ15人が「GAHAKU」と呼ばれているそうです。

チョークで描かれた「ART TREE」が村の中心に!

スターバックスコーヒー ジャパン株式会社CEOの水口貴文氏(右)、GAHAKU代表の鈴木裕美さん。鈴木さんは新作『クリスピー スイート ポテト フラペチーノ / ラテ』の看板アートも担当されたとか。

「ART TREE」は来場者が彩った葉が追加されることで完成に

実は「ART TREE」はまだ未完成。「STARBUCKS  OPEN ART VILLAGE」が開催される6日間で来場者により葉という彩りを合わせて完成されるのだとか。

葉を彩る作業は、6日間(9月15日~17日・22日~24日)の各日ともに11:00~15:00の間でどなたでも参加自由!さらにイベント期間中は、作品展示の近くにお絵描きスペースがあり、色鉛筆やクレヨンを自由に使ってあなた好みの一葉を彩ることができます。

紅葉を作る赤や茶色、黄色のほか、緑や青などの色も揃っています。さまざまな色を使って、あなたの個性を出しちゃってください。

真っ白な白い葉(シール)を受け取り、好きな色に塗り塗り。

出来上がった葉は「ART TREE」の好きなところに貼っていきます。

来場者の手によって完成された「ART TREE」はスターバックスのタンブラーの中に入れる台紙になるそうです。台紙は10月2日よりスターバックスのホームぺージでダウンロード可能とのこと。どのような作品が完成するかはイベント終了時までわかりません。完成した台紙をぜひチェックしてみてくださいね。

1 2