ライフスタイル 今や鍋料理に欠かせない「鍋つゆの素」、「途中でスープが少なくなる」欠点を解消するには?

つい最近まで暑かったはずが、気が付くと肌寒い!こんな時は、早くも鍋料理が食べたくなりますよね。そろそろスーパーでは多種多彩な「鍋つゆの素」が目につくようになり、鍋に対するテンションも高まってきます。

今や日本の鍋料理の定番は「しょう油」と「キムチ」が不動!

鍋料理は大きく分類すると、出汁で煮込んでつけダレをつけて食べるタイプと、味がしっかりしたスープで煮込んだ「味つけ鍋」タイプがあります。しかし最近はやはり「鍋つゆの素」が市場に定着したことで、味つけ鍋を食べる機会が増えているのではないでしょうか?

今回「株式会社創味食品」では、「味付け鍋」に関する調査結果を実施。昨年の秋から冬場にかけて食べた鍋料理のジャンルの人気ランキングは、以下の通りとなっています。

「しょう油」が好きなのは日本人なら当然ですが、そのわずか1%差で「キムチ鍋」が迫っています。もはやキムチは日本人にも欠かせないようです。

1位と2位は「しょう油」と「キムチ」の鍋がわずか1%差!もはや、味付け鍋界における不動の2トップといえそうです。一方近年流行となっている「豆乳鍋」や「カレー鍋」は、まだ少数派となっています。

さらに同調査では、味付け鍋を作るときの調味料についての調査も実施。便利な「鍋つゆの素」を使っている人と、自分でオリジナルの味付けをしている人ではどちらが多いのでしょうか?結果は以下の通りです。

 

  • 味付け鍋を作るときの調味料

鍋つゆの素(アルミパウチや瓶入り)……68%

しょうゆや味噌、酒などの基礎調味料……38%

昆布や鰹節などからとっただし……35%

和風だしの素……33%

めんつゆ……25%

中華だし、がらスープの素……16%

洋風だし、コンソメ……10%

調査の結果は、アルミパウチ入りや瓶入りの「鍋つゆの素」を使う人が7割近く!もはや、しょう油やだしによってオリジナルの味による「味付け鍋」を作る人は、少数派となっているようです。

1 2