ライフスタイル 第4回「暮らしになじむLOHACO展」で見つけた、ワタシの暮らしに取り入れたいアイテム5

インターネット通販サービスの「LOHACO」が取り組む〝暮らしになじむデザイン〟。その新商品を実際にチェックできるイベントが「暮らしになじむLOHACO展」です。第4回目となる今年は、参加メーカー48社と共に、58点の新商品を展示しています。

デザインが素敵!LOHACOの暮らしになじむデザイン

「暮らしになじむLOHACO展」は東京の代官山で開催。

今回の「暮らしになじむLOHACO展」は、デンマークでよく使われる言葉の「HYGGE(ヒュッゲ)」がテーマ。「HYGGE(ヒュッゲ)」は満ち足りた、心地よいといった幸せな気持ちを表す言葉なので、ほっこりする展示会場にほっこりする商品が揃っています。

商品を展示している什器はすべて紙で制作。

LOHACOの暮らしになじむデザインは、これまでに数々のヒット商品を生み出しています。例えば2016年には花王『リセッシュ』が8か月で売り上げ7.5倍。2017年には花王『ビオレu 泡ハンドソープ』の売り上げが通常品の800%にもなりました。

花王『リセッシュ』。現在は新たなデザインで展開中。

花王『ビオレu 泡ハンドソープ』のポーセリンデザインは現在も購入可能。3本セットで1000円(税込)。

こんなにかわいいデザインにできる理由は、「LOHACO」がインターネット通販だから。お店で販売する場合は、ひと目見てどんな商品かわかってもらう必要があるので、商品のパッケージに商品名や機能などを記入しておく必要があります。他社の商品よりも目立たせるため、派手な色合いを使っている商品も多いですよね。でもインターネット通販であれば、どんな商品かはWebサイトの説明書きで読んでもらえるので、その分、デザインにこだわれるというわけ。

1 2