ライフスタイル サイズが合わない、靴擦れができる……ヒールがしんどい堅実女子へ、プロに聞くパンプスのお悩み解決法

これがいいと試履きをして選んだはずのパンプスが、なんだか歩くと擦れたり、ゆるかったりと、スニーカーに比べトラブルがありますよね。快適にヒールを履きこなすにはどうしたらいいのか、歩きやすいパンプスを展開しているシューズブランドで、アドバイスをいただきました。

靴を買う時、まずチェックすべきポイントとは

洋服とのコーデやデイリーに着まわせるようになど、目的別で靴を選ぶ場合が多いですが、買う時に一番気をつけるべきことはサイズだそう。そんなの当たり前と思うかもしれませんが、意外にも自分の正しいサイズを知っている人は少ないそう。大人になって、きちんと計測しないこともありますが、足長は測っても、足囲や足幅は計測していないことで、間違ったサイズの靴を選んでしまっているのだとか。足の幅が広めの人は、きついと感じて実際の足長サイズより大きめを選び、狭い人は、幅がゆるくて大きく感じることで、小さめのサイズを選びやすいそう。小さいものを選ぶことで、指が曲がったり、つま先や爪が圧迫されたりしてしまいます。健康を損なう原因にもなりかねないので、きちんと自分のサイズを知っておきましょう。

サイズは自分で測ることもできますが、足幅を測るのは難しいのでプロにお任せするのがおすすめです。2018年9月27日にKITTE丸の内にオープンした『Good Shoes, Good Foot. by REGAL』では、“働く女性の足元を美しくする”をコンセプトに、意外と知らない足の事を知って、考えて、おしゃれに楽しく靴を履く提案をしてくれます。足の計測をもとにカルテを作ってくれ、選ぶべき靴のサイズの提案をしてくれるんです!足の状態を見て、お悩みのアドバイスをくれるシューズドクターのようです。ちなみに、足は座っているとき、立っているとき、歩いているときで加重が異なるので、必ず試履きをするときは店内を歩いて、かかと抜けがないか、つま先が圧迫されていないかを確認するといいそう。さらに、朝夕で、むくみなど足のサイズが変わる人が多いので、それも考慮して靴を買う時間を考えるといいそう。

ただ、人に足のサイズを測ってもらうのはちょっと緊張してしまうや、足の臭いが気になるときは、2018年の10月26日にオープンした『MOONSTAR Factory Ginza』なら、SUGATAのパンプスが並ぶフロアで、機械計測が可能です。2,3秒で足長だけでなく幅も計測され、お奨めのサイズが表示されるので、一度試してみてもいいかもしれません。

『Good Shoes, Good Foot. by REGAL』で、足のサイズをしっかり測ってもらうのもオススメ。

1 2