ライフスタイル 【堅実女子のための収納術】Vol.2 物が片付かない原因はコレ!ルールは「物の定位置を決めること」

物の定位置を決めればストレスもなくなる

では大掃除前に、まず見直したい『捨てるべきもの』って何でしょうか?

「紙類、衣類、食品、靴、お化粧品などをすべて見直してみてください。意外と使っていなかったり、必要ではないものがあると思います。それを片付けるだけでも、だいぶスッキリしますよ! 」

この時期によく使う、ストールや手袋などの小物類。疲れて帰ってくるとついベッドやクローゼットにポイッ! と置いてしまって、翌朝に探すようなことも……。小物は、どのように収納すればストレスを感じないのでしょうか?

「片付けや断捨離でスペースができたら、物の一時置き場を作ってください。まず、フタのないソフトボックスを用意しましょう。そこをショールや帽子などの一時置き場にします。無印良品の『ポリエステル綿麻混・ソフトボックス』なら、フタがないからポンと入れられます。取っ手もついていて持ち運びもしやすく、色も派手目ではないので部屋によく馴染みます。

バッグの中身も、一目で何が入っているかわかるように、ケースに出します。100円ショップで購入できる引き出し用ケースくらいの大きさのものがおすすめ。財布や社員証などなくなりそうなものの定位置を決めること。こうすることで、“あれ? どこに置いたっけ? ”という置き忘れが防げます」

こうやって上が開いているボックスを使えば、帽子やストールも収納しやすいですね。

毎日、通勤で使うものは一個のトレーに出して、ひとまとめにしておけば行方不明になりません。

家の中で行方不明になりそうなものたちは、それぞれを組み合わせて収納したり、大きなボックスなどでひとまとめにしておけば、すっきり収納できるのですね! 

「片付けができると、なにより行動がシンプルになります。整理をしてスペースが広くなると、物の定位置が決まり、出かける準備などの時間も大幅カットできます。忘れ物も少なくなります。精神的にも良い影響があるんです。

忙しくて後回しになりがちなら、一度に全部を片付けるのではなく、“今日は思い出のモノ、明日はコスメ”と徐々にやっていくと、途中であきらめずに片付いていきますよ」

・収納整理アドバイザーの格言:物の定位置を決めておく。使わないものは捨てる。

【取材協力】
インブルーム株式会社お片づけコンシェルジュ https://okataduke.me/ 

1 2

Ranking

Information