ライフスタイル 【堅実女子のための収納術】Vol.4 クローゼットや引き出しの整頓がキープできる!覚えておきたい衣類の畳み方、しまい方

忙しい毎日を過ごしている働く堅実女子にとって週末や早く帰った日は、普段は手を付けられなかった部屋の片づけをする大チャンス!「部屋が狭くて収納が足りない」「どこから片付ければいいのかわからない」……そんな堅実女子の皆さんに、絶対にリバウンドしない収納法を教えちゃいます!

整理収納プロフェッショナルアドバイザーとして活躍している中山真由美さんに、気になる片付けのポイントや、収納術などをお聞きしました!

中山真由美さん。プロの手による収納整理術で、狭いスペースでも快適に!

Vol.1クローゼットの中身編はコチラ

Vol.2物の定位置を決めよう編はコチラ

Vol.3プチプラアイテムを活用編はコチラ

今回も、片付けに悩む都内在住のアラサーOL・T子さんのお部屋を、収納術でテキパキ片付けちゃいました。

畳み方、しまい方で収納スペースが増える

片付けが少し苦手な堅実女子のT子さん。仕事に忙しく過ごしているせいで、洗濯物を畳む余裕もない毎日……。片付けたはずの靴下も、“あれれ?片足が見当たらない”ということも……(汗)。上手な服のしまい方ってあるのですか?

クローゼットから出てきた靴下の数々…。

「靴下、下着、カットソーなどたたみ方をマスターすれば、少ないスペースでもたくさん収納できます。また、ハンガーは同じ種類の木製のもので統一すると 、見た目もすっきりと片付いた印象になります」

ハンガーってクリーニングで貰ったものや、洋服についてきたものを使って気にしていない人も多いかもしれません。

「木製のハンガー以外にも、肩の部分が丸くなっているハンガーもあります。これは、ニットなどは型くずれせず、キャミソールなどもずり落ちないので、女性はぜひ持っておきたいアイテムです」

木製ハンガーを揃えるだけで、クローゼットがすっきりとして見えます。

木製ハンガーと、型崩れしないハンガーがあればばっちり!

パンパンだったクローゼット以外にも、ボックス型収納ケースに大量に服が入っていたT子さん。ついつい畳み方もぐちゃぐちゃに。そういえば、服の畳み方って、学校では教えて貰っていないかも!?具体的には、どういった風に畳んで、どのような収納を心がければよいのでしょうか??

「畳んだ方が良い服は、セーターやTシャツといったトップス。畳むと収納スペースが、2割増しになります。畳むとシワになる洋服は、ハンガーなどに掛ける収納にしましょう。畳んだら、ボックスの中に入れてしまいます。タイツも四角形になるように畳むと、立てて収納できます。

土日にしか履かないなら、靴下は土日用の2~3足で充分です。履き口を折り返してまとめると、片方が伸びてしまうのでNG。靴下も3つ折りで、収納ボックスに立てて入れてください。洗濯ものは四角形に畳むのが基本です。あと、靴下もストッキングも、買ったらタグをすぐ外し、四角形に折って収納するクセをつけてください」

靴下は、履き口を折り返すと履き口が伸びてしまいます!四角形になるよう形を整えて。

かさばるタイツも小さく畳んで!

つ、ついにT子さんのクローゼットが片付いた!

1 2

Ranking

Information