ライフスタイル 花粉撃退!蒸れ・息苦しさを低減する「ファン付きマスク」と、首下げ「イオン発生機」W使いのすすめ

家電女優の奈津子です。今回は蒸れや暑さ、息苦しさを抑えられる最新の「マスク」、そして花粉やPM2.5の対策になる「ウェアラブルデバイス」をご紹介します。

花粉・ウイルス・紫外線から守る最強マスクが爆誕!

程よいメカニックさを持つブリーズマスク。こちらは新色のサクラピンク。

このフィリップスの「ブリーズマスク」は左側面にある電動ファンから毎分41リットルの空気を排出する仕様で、呼吸抵抗を大幅に減らし、新鮮な空気をマスク内へ送り込んでくれます。

表面には空気が通るような設計でありながら、有害物質をしっかりとブロックする高品質のメッシュ素材を採用。内側には、医療現場でも使われる“N95レベル”のフィルターを取り付ける仕様です。

内側には交換用のマスクフィルターを取り付けます。

これにより花粉やPM2.5を95パーセント、細菌を99パーセント、ウイルスを98.87パーセントカットし、UPF50+性能で紫外線からもお肌を守ります!

カラバリはサクラピンクの他にブラックとグレーもラインナップ。

私はあえてクールな印象のブラックを愛用しているのですが、このマスクの何が素晴らしいって、風のおかげで息がメチャクチャしやすい!!そしてメイクが崩れにくいっ!!パウダーでお直しをする頻度が本当に減りました。

ちなみに毎年春になると、“日本脱出”の4文字が頭をよぎるほどハードな花粉症持ちで、尚且つ、ヘアメイクさんやスタイリストさんを悩ませるほどの汗っかき体質の私。鼻水のせいで常時呼吸が荒い私でも、息がしやすく、口元のファンデが崩れにくいので非常に助かっています。メガネをする際にもレンズが曇りづらいのが最高です。

ワンサイズですが3Dデザインが施されているのと、ゴムで簡単にサイズ調整できるので付け心地も良く、鼻の上にスポンジが付いているので喋っていてもほとんどズレを感じません。

コントローラーの中央のボタンで風量を弱・中・強の3段階から調節できます。

肝心の送風中の稼働音に関しては「弱」・「中」だと装着している本人にはうっすらと聴こえる程度。周囲の人へ『今、ファンの音聞こえてる?』と確認しても、ほとんど気づかれません。

「強」だけやや音が大きいのですが、その分取り込む空気も多いので軽い運動やジョギング中には最適。電動ファンの駆動時間は約2〜3.5時間ですが(選択したファンの風量により異なります)、装着中、ずっと送風にせずちょこちょこON/OFFすれば半日は持つ印象。食事前に本体を外すときは、半分に折って仕舞える点も気に入っています。

充電中はこんな感じ。約3時間でフル充電になります。

気になる実勢価格は10,780円(税込)。また、購入時にフィルターが1枚付属していますが、交換用は別売りで5枚入り1,595円(税込)です。フィルターの交換頻度は、メイクの濃さや空気の汚れ具合など環境に左右されるので、正確な頻度は何とも言えませんが、通常の環境下では1枚を3〜4回ぐらい繰り返して使えます。

不織布のマスクと比べたら当然高価で、コストはかかってしまいますが…。“マスクにまつわるあらゆる不快さ”から開放されることを考えると、私にとっては必要経費って感じですね。これまでのマスクでは物足りなかった方には、ぜひおすすめしたい最強アイテムです。

1 2