ライフスタイル リファ&ダイソンの新作はコードレスでダメージレス!各ヘアアイロンの長所と短所を徹底レビュー

家電女優の奈津子です。今年も1年、頑張った自分へのご褒美に【美髪へと繋がるヘアアイロン】を検討してみるのはいかがでしょうか。

今回は、今年発売された話題のヘアアイロン「Dyson Corrale (以下:ダイソンコーラル)」と「ReFa BEAUTECH FINGER IRON(以下:リファビューテック フィンガーアイロン)」のレビューをお届けします!

個人的には今年5月に出産し、子育てしながら仕事もしていたので、瞬きしている合間に1年が過ぎていた感覚です…!

両者は共に高いテクノロジー力を持つメーカーが開発し、コードレスである点、髪へのダメージを最小限に抑えている点が共通していますが、大枠のコンセプトが異なっています。

ダイソンのヘアアイロンはスタイリングが一発でキマる!

まずはDysonの「ダイソンコーラル(実勢価格53,900円:税込、3個の付属ツールが同梱)」から。本製品は【コードレスでありながらパワフルなスタイリング力を持つ】のが大きな特徴です。

羽根のない扇風機でもおなじみのダイソンが、満を辞して発売したヘアアイロン。温度調節は165/185/210℃の三段階。

実際に使ってみて感動したのは、まずワンストロークでしっかりと艶のあるストレート、あるいはカールをキメることができる点です。

毛束を何往復もせずに済むので時短にも繋がり、これは慌ただしい朝、特に助かった…!

私の髪質はやや細く、毛量多めで部分的な天パがあるので、通常のヘアアイロンだと数時間後に広がってくることが多いのですが、これはセットした後の持続力も高いので、雨の日でも最大限、髪型をキープしてくれました。

他のヘアアイロンと比べて髪のパサつきもほとんど感じず、仕上がりが滑らかなのも嬉しい。

またパワフルなスタイリング力に反して、連日使用していても、スッピン状態の髪がゴワついて別人みたいにヤバい!みたいなことがありませんでした。

学生時代、安いヘアアイロンを愛用していた頃は、ダメージを隠すために更にヘアアイロンをあてており、熱地獄とも言えるような負のサイクルに陥っていたことがあるんですけどね。これはそれが無い。

ヘアダメージを抑えられる秘密は、独自技術が詰め込まれた「フレックスコッパープレート」。毛束の形状に合わせて優しく包み込み、テンションを均一にし、1秒間に100回熱の温度を測定することで過度な熱から髪を守ってくれるのだそう。

それもあって、頻繁にヘアチェンジが必要な撮影現場でプロのヘアメイクさんが使ってくれることも多いです。メイクさんいわく『使いたい時にすぐに取り出せて、確実に仕上げてくれるので撮影現場向き』なんだそうです。

寝起きのビフォー(画像左)使用後のアフター(画像右)。縮れ毛やほつれ毛を抑えまとまりのある髪に。プレート部分は幅広なので一度で多くの毛量にアプローチできます。

充電器の設計もさすがのダイソン様…!このオブジェのような美しさ、しびれるぜ。

台を使わずにコードから本体へ直接充電することも可能。電源オン後の加熱待ちのときにも使えるのが便利。約70分でフル充電が完了し、最長30分間使えます。

ただし、本体の外観からも伝わる通り、重量は約561gと軽くはありません。そのため、コードレスではあるものの“外出先への持ち運び”は気軽にはできません。

しかし、室内であってもコンセントの位置を気にせず、あらゆる場所でスタイリングできるのは想像以上に快適でした。「おうち使いがメインだけどコードレスで便利」という新しいジャンルを築いてきたな、って感じがありますね。

重さについては、バランス設計が良いぶん腕が疲れるほどではありませんが、毛量が特に多い方や、後頭部付近のクセが強いという方は、快適な扱い方のコツを掴むまでに多少の時間を要すると思います。

自身の頭の形と、毛の生え方のクセに対して最適な“手首の返し方”が掴めてくると、よりスピーディーに扱える印象。

また根本からのウェーブヘアや前髪の微細なニュアンスだしは、不器用な方や髪がセミロング以下の方には向いていないでしょう。ただし、しっかりめのストレートや大きめのワンカールは非常に作りやすいです。

総合的には、コードレスであることを忘れてしまうほどのパワフルさで、髪ダメージを抑えてくれる点が最高です。クセが気になる方や、ヘアセット時の使用場所にしばられたくない方はぜひ試してみてくださいね。

1 2