ライフスタイル 【女子家電】ソニー発、これぞモテ家電!お洒落でかわいい女性用スマートウォッチが便利でたまらない

女優兼、家電アドバイザーの奈津子です。

肌の露出が増える、この時期。コーディネートのアクセントになるような素敵な腕時計が欲しいなぁと、夜な夜なググっていたところ面白いアイテムを見つけました。それはソニーのスマートウォッチ「wena wrist」です。

“スマートウォッチは男性が身に付けるもの”という先入観があったので、購入の選択肢からは外していたのですが、見た目が可愛いし「大人の女性向け」につくられているとのことで猛烈な興味が。さっそくメーカーにお借りして約2週間試してみたので、その結果をお知らせしますね。

スマートウォッチの概念を覆すデザイン性

箱を空けてはじめに驚いたのは、高いデザイン性です。

左側がWN-WT11Sで税抜4万3880円、右側がWN-WT11Bで税抜4万7880円。普通の腕時計みたいです

今回私が借りたのはシルバー。普段からコンサバよりな私服が多いのですが、身につけてみたら見事にマッチ。

 

ZARAの鮮やかなトップスに映えています。

ベルトがやや太めなので、腕が華奢にみえる効果があります。もう少しドレッシーなデザインが好みという方には、初回限定版として「スワロフスキー」とコラボレーションしたオリジナルブレスレット付きのこんなモデルも。

WN-WT12Sで税抜5万9380円。

WN-WT12Bで税抜5万9380円です。

シンプルな白シャツ+デニムと合わせたいデザインです。

特筆すべき点は文字盤(ヘッド)部分が簡単に取り外しでき、付け替えられるところです。

基本は22mm幅のものに対応していて、別売りのエンドピースを使用すると18mmと20mmのものにも対応します。

 

これにより、大切なひとからもらった想い出深い時計や、お気に入りのブランド時計の文字盤を組み合わせて新たにスマートウォッチとして使用することができます。

専用の文字盤はいずれも“シチズン時計会社”が設計・製造を担当。上段は1万380円、スワロフスキーをあしらった下段が1万6380円です。

 

そう、つまり文字盤にはスマートウォッチの核となるテクノロジーは搭載されていないのです!

1 2