ライフスタイル 【炊飯器】ひとり暮らしを始める時に買った炊飯器が壊れそう。買い換えるなら1合ぐらいの少量でも美味しく炊けるモデルがいいのですが、それはワガママ?(33歳・YONEKO)

初めての一人暮らしで買った家電がそろそろ買い換えの時期という女子も多いのではないでしょうか。
買い換えるのなら、今のライフスタイルにマッチしたモデルを選びたいもの。ご飯を炊く機会があまりない、炊いても1回に2合ぐらい。そんな人のために、今回は、少量でもおいしく炊ける炊飯器を紹介しましょう。

 

■ご飯を炊きながら、おかずもできる!

タイガー「IH炊飯ジャー<炊きたて>tacook JPQ-A060」(写真1)は、ご飯を炊いたときにでる蒸気を使って、おかずの調理ができる便利な炊飯器。お米の旨みを引き出す高温加熱ができるので、少量でもおいしいご飯が炊けます。

pr_img_141211_01_01

 

(写真1)IH炊飯ジャー<炊きたて>tacook JPQ-A060」
オープン価格(実勢価格5万円)

内釜にお米と水をセット。オレンジのクッキングプレートに下ごしらえした食材をセット。あとはボタン操作で調理&炊飯のスタート。おかずとご飯の同時調理をする場合、ご飯は0.5合~1.5合まで炊けます。お米だけ炊く場合は、3.5合まで対応。

 

「ホーロー遠赤釜」を内釜に採用。ガラス質の溶液「釉薬」で熱を閉じ込め、お米をムラなく加熱する構造で、外面には耐久性のあるホーロー加工をほどこしています。今回のモデルのなかでも春らしい華やかな「サクラ」カラーは、内釜もサクラ色でキュートです。

03

 

また注目したいのがパネル。一見、ボタンがないように見えますが、人が近づくと自動でパネルが点灯します。タッチパネル式で、メニューボタンを押して操作をするという仕組み。凹凸が少なくフラット&シンプルなデザインなので、キッチンにすっきり置けます。

 

1 2 3