ライフスタイル 【衣類乾燥除湿機】洗濯物を屋外に干したまま出かけたくないので、年間を通して部屋干しをしています。でも梅雨時は生乾きになるのが嫌。衣類乾燥除湿機が欲しいので、選び方を教えて下さい。(32歳・SATI)

A除湿機はデシカント、コンプレッサー、ハイブリッドの3つの方式があります。それぞれの特性を理解しましょう。それから置く場所やどの方向に風を当てたいかなど、設置条件を吟味して選ぶといいですよ。

ひとり暮らしで洗濯物を外に干したまま外出するのは嫌ですよね。これから梅雨が始まると部屋干しが増えて、部屋中洗濯物なんてことになりかねません。そんなときこそ、衣類乾燥除湿機を活用しましょう。

 

衣類除湿乾燥機には大きく分けて3つの方式があります。まずは、そこからマスターしていきましょう。

●デシカント式の除湿機は、デシカント(ゼオライト)と呼ばれる吸湿剤を利用して、空気中の水分を吸着して除湿。ヒーターで水分を温めてタンクにためる方式です。

長所は除湿力た高く冬場もつかえる。コンプレッサーがないので小型。短所は、ヒーターを使うので部屋の温度が上がります。

●コンプレッサー式は、コンプレッサーを通して湿った空気を冷やす方式。エアコンの除湿と同じ方式です。

長所は、除湿能力が高くパワフルな乾燥が可能。室温の情報も少ない。短所は振動音が大きいこと、本体が大きいこと。

●ハイブリッドは、デシカントとコンプレッサーの良いとこを使い、夏場はコンプレッサーで室温の上昇を抑え、冬場はデシカント方式で除湿能力をキープできます。短所は、価格がやや高めな点です。

では、この3方式を踏まえて、堅実女子にぴったりなモデルを紹介していきましょう。

1 2 3 4