ライフスタイル 【ドライヤー】梅雨は湿気で髪が広がるし、紫外線で髪の乾燥も気になります。それに温風で髪を使うとせっかくシャワーを浴びたのにすぐに汗だくに。 ドライヤーの上手な使い方ってある?(32歳・TAEKO)

Aイオンのパワーで広がりや、ぱさつきを抑えたり、大風量のドライヤーで一気に乾かしたり……。ドライヤーも選び方・使い方次第で、あなたのお悩みを解決してくれますよ。

梅雨は湿気も気温も高まり、ヘアスタイルが思うように決まらなくて、ブルーな気分になること、ありますよね。それに夏にドライヤーで髪を乾かすと暑くて汗ビッショリでうんざりすることもしばしば。

ならばドライヤーを上手に使い分けて、梅雨時のヘアスタイルをバッチリ決めましょう。

今回は、お悩み別に代表的なモデルを紹介していきます。

お悩み1…髪が湿気で爆発! ヘアスタイルが決まらない

ぼわっと広がった髪をまとめるのにひと苦労。ヘアアイロンで髪をまとめたいけどなかなかうまくいかない。そんな人は、パナソニック『カールアイロン EH-HT40』(写真1)がオススメ。

img_head_pic_0001

 

(写真1)パナソニック『カールアイロン EH-HT40』
オープン価格(実勢価格約6000円)

ヘアアイロンは使い方に慣れないと、肌にアイロンが当たってしまうことも。このカールアイロンは、ブラシを使うように髪に手を添えるだけで、くるりんカールが簡単に作れるので、ヘアアイロンが苦手な人に最適です。

ショートヘアでも、毛先をしっかり巻きつけられる「毛先キャッチクリップ」を搭載。ショートからロングまで長さを問わず、スタイリングが楽々こなせます。

髪の広がりが気になるときは、クリップを使わずに、髪をまっすぐひっぱりながらブラシを当ててストレートヘアにするといいですよ。

 

▼▼▼次ページは、紫外線で髪がぱさつく人に最適なモデルを紹介!

1 2 3