ライフスタイル 【扇風機】扇風機は1万円以下から3万円以上と価格がバラバラで、何がいいのかよくわかりません。風を送るだけなら安くてもいいのでは?(30歳・YUUI)

A扇風機を夏だけ使う家電と考えるなら安いモデルでもOK。扇風機メインで夏を過ごす or 夜寝る時に扇風機を使いたい人は、ちょい上のランクを狙いましょう。

今年は涼しい梅雨ですが、梅雨明け後の猛暑を考えるとやはり扇風機は欠かせません。扇風機は価格差が激しいうえに、見た目も機能もそんなに大差がありません。自分に合うモデルを見極めるのが難しい家電でもあります。

扇風機はモーターで選ぼう

扇風機はデザインや価格などで選びがちですが、大切なのが使っているモーターの種類。「えー、モーターって言われてもわかんなーい」って思いますよね。でも、扇風機の違いを知るのに一番わかりやすいのがモーターなのです。ここは頑張って覚えておきましょう。

扇風機はACモーターとDCモーターの2種類の分けられます。

基本機能を網羅している、お手頃ACモーターモデル

ではまずは、ACモーター搭載の扇風機に関する特徴を紹介していきましょう。

★ACモーター

これは交流モーターのことで、昔から扇風機に使われています。

■メリット

●1万円以下のお手頃な扇風機が多い。
●機能はDCモーターとほぼ同等。

■デメリット

●風量調節が細かく設定できない。
●消費電力が高め。

■こんな人にオススメ

扇風機は夏の間だけ使う。
弱風でも十分。
価格を抑えたい。

 

ACモーター搭載の代表的なモデルを紹介しましょう。

pct_06

三菱電機『ハイポジション扇 ACモーター扇風機  R30J-HRS』
オープン価格(実勢価格約9700円)

消費電力は、強モードで33W/37W(50Hz/60Hz)。三菱電機のDCモーター搭載の最新モデルの消費電力は、強モードで15W(50Hz/60Hz)。比較するとACモーターの方が、消費電力は高めなのですが、タイマーなどの機能はDCモーターモデルとほぼ同じ。風量調節は3段階ですが、それとは別にベビー風という微風にも対応しているので、就寝時に使いたい人にぴったり。これで税別1万円以下なのはお買い得です。

 

▼▼▼次ページでは、DCモーター搭載モデルを紹介!

1 2 3