ライフスタイル 【冷蔵庫】この暑さで冷蔵庫が壊れました。お手頃価格の一人暮らしタイプの冷蔵庫を買うか、思い切って大型を買ってみるか、悩んでおります。(33歳・HARU)

A思い切って大型を買うのがオススメ。大型は機能も高いし、省エネも抜群。結婚を見据えているのなら、大型冷蔵庫と一緒に嫁入りしちゃいましょう。

冷蔵庫の買い換えサイクルは約7〜8年。一人暮らしをするときに買った冷蔵庫がそろそろ買い換え時期という人もいるはずです。そこで立ちはだかるのが、どの容量を買うべきかという問題。

いま、大型を買ってしまうとシングルを決意した女と思われやしないか、いやいや、7〜8年という長いスパンで使う家電だから思い切って大型を買ったほうが結婚後も使えるし、コスパがいいのでは?

と、頭を悩ませている女性も多いことでしょう。

そんな問題を今回はズバッと解決していきましょう。

 

狙うべきは400Lクラス!

はっきり断言しましょう。結婚するかしないか問題に関わらず、400Lクラスに買い換えるのが正解!

というのも、このサイズであえば、一人暮らしでも結婚して二人暮らしになっても十分に使いこなせる容量ですし、省エネ性能もコンパクトサイズに比べて高いんです。

*パナソニックの冷蔵庫の場合

●コンパクトサイズ(168Lクラス)*NR-B177W

年間消費電力量 300kWh/年

●大型サイズ(455Lクラス)*NR-FV46A

年間消費電力量  270kWh/年

ご覧の通り、容量の大きなモデルのほうが、省エネ性能はダントツに高いんです。ならば、思い切って大型を買った方がお得だと思いませんか?

 

▼▼▼次ページでは、代表的なモデルを紹介します!

1 2 3