ライフスタイル 【ふとんケア】暖かい快眠はこまめなお手入れにアリ

11月に入り、朝晩の寒さが増してきましたね。厚手の布団を押入れから出してきた人も多いのでは? 布団はこまめにしっかりとケアをしないと、アレル物質だらけになってしまい、快眠を妨げる要因になることも。アレル物質の素となる、ダニの死がいやフン、ハウスダストをしっかりと取り除くためには、ふとん掃除機が欠かせません。

お手入れしやすい、紙パック式の布団クリーナー

パナソニックの『ふとん掃除機 MC-DF500G』は、業界初の紙パック式モデル。紙パック式のいいところは、ゴミ捨て時のホコリの舞い上がりを抑えられること。ゴミ捨ての時に舞ったホコリを吸いこんでしまい、くしゃみや咳が……なんてことも防げます。

su1102c

『ふとん掃除機 MC-DF500G』
オープン価格(予想価格約3万2180円・税込)
幅292 mm×奥行き364 mm×高さ172 mm、2.0kg
11月20日発売予定

また、約20 μmまでの目に見えないハウスダストを検知して、ゴミがある時は赤、除去できると青へとランプの点灯で知らせてくれる「ハウスダスト発見センサー」も搭載。キレイになったことを目で確認できるから、ダニの餌になる、フケやアカも取りこぼしません。

▲寝具の種類に合った最適な吸引力で楽々ケア

1 2 3