ライフスタイル 【BDレコーダー】たっぷり容量のレコーダーで年末年始の番組を見逃さない!

年の瀬が近づき、バラエティーやドラマなど特別番組の放送が増えてきましたね。見たい番組がありすぎて困る! そんな時はブルーレイディスクレコーダーの出番です。今回は、たっぷり録画できて、さらに便利な機能でうっかり録り逃しもなくせるアイテムたちをご紹介します。

チャンネルを丸ごと録画するタイムシフト機能

東芝の『レグザサーバー DBR-T670』は内蔵HDDの容量が3TB。地デジ/BS/110度CSデジタルチューナーを3基ずつ搭載していて、放送時間帯の重なった番組を最大3番組まで同時に録画することができます。

東芝『レグザサーバー DBR-T670』オープン価格(実勢価格約9万200円)

東芝『レグザサーバー DBR-T670』
オープン価格(実勢価格約9万200円)

東芝独自の便利機能が「タイムシフトマシン」。設定したチャンネルの番組を内蔵HDDに一時保管してくれる機能です。一度設定しておけば、設定したチャンネルを自動でまるごと録画し続けるので、録り逃しの心配がありません。設定できるのは最大3チャンネル。

過去番組表は通常表示の他、番組の説明に加えて番組内容のサムネイルが表示される、わかりやすいビジュアル表示にも対応。

過去番組表は通常表示の他、番組の説明に加えて番組内容のサムネイルが表示される、わかりやすいビジュアル表示にも対応。

保管した番組は、「過去番組表」からさかのぼって、自由に視聴することができます。「タイムシフトマシン」で録った番組は一定期間が過ぎると日付が古いものから上書きされて消えてしまいますが、気になるものがあったら、保存(通常録画)もできるので安心です。

1 2 3