ライフスタイル スマホに好きな曲を入れて音楽を聴きながら通勤しています。スマホを買った時に付いてきたイヤホンを使っているのですが、デザインも音もイマイチ。女子向けのかわいくて音も良いイヤホンってありますか?(26歳・MIKIKO)

Aイヤホンはショップで試聴して選ぶのがポイント。ケーブルありかワイヤレスか、防水がいいのかなど、ライフスタイルに合うモデルを探しましょう。

イヤホンは実際に耳に装着して音を聴いてみないと、どれが合うのかはわかりません。大型の量販店などではほとんどのモデルが試聴できるので、スマホ持参でよく聴く曲を実際に聴きながらサウンドや装着感をチェックしましょう。同じ曲で試聴をした方が音の違いがわかるのでよく聴く曲で試すのがオススメ。あとは価格とデザインで自分に合うモノを選びましょう。

ケーブルレスならBluetooth対応モデルを

音楽をワイヤレスで聴くならBluetooth対応のイヤホンがイチオシ。ケーブルが必要ないので、バッグや髪の毛に絡まることもありません。通勤ラッシュの電車内でもストレスなく音楽が聴けますよ。デノン『エクササイズフリーク AH-W150』(写真1)は防滴仕様なのでヨガやジョギングなどエクササイズをしながらでも使えます。カラバリも豊富なのでウェアとコーディネートを考えて選ぶのも楽しいですね。

denon

(写真1)デノン『エクササイズフリーク AH-W150』オープン価格(実勢価格約1万5000円)
*AndroidとiPhoneに対応。

騒音をカットしたいのなら、ノイズキャンセリング対応モデル

とにかく騒音ナシで集中して音声を聴きたい時は、ノイズキャンセリングという周囲の騒音を低減する機能を搭載したイヤホンを選びましょう。ボーズ『クワイアットコンフォート20』(写真2)は、内蔵されたマイクが周囲の騒音をキャッチ。騒音をかき消す音波を出すことで、ノイズが抑えられる仕組みです。ノイズを気にせずに音声が聴けるので、英会話など勉強用にも最適です。

歩きながらノイズキャンセリングを使うと、クルマや自転車が近づいてくるのに気付かないことがあるので要注意。ボーズのイヤホンは周囲の音を聞こえやすくする「AWARE」モードを搭載しているので安心です。駅構内のアナウンスなども聞きとれますよ。

bose

(写真2)ボーズ『クワイアットコンフォート20』3万2400円(税込)
*写真はAndroid用。iPhone用も発売中。

ワイヤレスでノイズキャンセリング対応モデルもあります 

Bluetooth対応でノイズを抑える機能を採用した欲張りモデルもチェック。ソニー『MDR-EX31BN』(写真3)は、NFC搭載スマホやおサイフケータイ対応スマホをイヤホンにタッチするだけで接続ができる手軽さ。もう一度タッチすると接続が切れるので、電源のON・OFF操作が簡単にできます。iPhoneとはBluetoothでワイヤレス接続できますよ。

sony

(写真3)ソニー『MDR-EX31BN』オープン価格(実勢価格約1万1000円)

アクセ感覚で使える、キュートモデルも注目

イヤホンは音楽が聴ければいい、それだけではもったいないですよね。せっかくならかわいいモデルのほうが気分も上がるし、友達にも自慢できる。そんなおしゃれ女子には、LAからやってきたHandCandy (写真3)がイチオシ。

ケーブルにビーズやストーンをあしらったネックレス風のデザインがおしゃれ。

ロングネックレスのように首から下げたり、ファッションに合わせて付け方をアレンジできるのが楽しいですよね。

handcandy

(写真3)HandCandy『The Mambo』オープン価格(実勢価格約5000円)
*AndroidとiPhoneに対応。

答えてくれた人

西川由美子(にしかわゆみこ)総合家電アドバイザー&ライター

雑誌やWebなどで家電のレビュー記事を主に担当。家電は毎日の生活に欠かせないアイテム。日々の生活を楽しく快適にするにはどんなモデルを選べばいいのか、女子目線でめった切りします!