ライフスタイル 雨の日はどうしても部屋干しになってしまいますが、衣類の生乾きのニオイが気になるし、部屋が湿気っぽくなるのが嫌。除湿機で衣類はちゃんと乾くの?(23歳・AKEMI)

A最新の除湿機は、ワイドに風を送るタイプが増え、ズラリと室内に干した衣類をカラリと乾かしてくれます。除湿機は、除湿方式の違いでメリットとデメリットがあるので、それを踏まえつつ、代表的なモデルを紹介していきましょう。

夏場に強い、コンプレッサー式

エアコンと同じように、湿気を含んだ空気を冷媒で冷やし、水滴に変えるのがコンプレッサー方式。室温が高い夏場でも除湿効果が高いのが魅力。本体が大きくて運転音がやや大きめなので、お出かけ中に使いたい人に最適です。

シャープ『CV-DF100』(写真1)は、除湿機能のほか、空気清浄機能の単独運転もできるので、年間を通して使えます。

細かなホコリや花粉をキャッチするHEPAフィルターと、臭いを除去する脱臭フィルター、そして高濃度プラズマクラスターで浮遊するカビ菌も除菌。部屋干しの生乾き臭の原因となる雑菌が除去できます。風も上下最大180度とワイドに送れるので、まとめて部屋干ししても大丈夫。さらに風を出すルーバーを下方向に向ければ、床に置いた靴も乾かせるので、雨で濡れた靴を乾かす時に便利です。

sharp
(写真1)シャープ『CV-DF100』オープン価格(実勢価格約5万7800円)

1 2 3