ライフスタイル 外出自粛で歩く歩数は通常の半数以下!自宅でできるフィットネスアプリのオンライントレーニングをチェックしてみた

■『fitshare』

住んでいる地域や都合のいい時間帯、希望のトレーニング内容になどにあわせたトレーナーを、アプリを通じてマッチングすることが可能。固定の会費は必要なく、1回のレッスンごとに料金を払う仕組みとなっている。予算はトレーナーが独自に設定しており、自分に合う人を探すここともできる。(※iPhoneの詳細はこちら Androidの詳細はこちら

こちらのアプリでは緊急事態宣言により活躍の場が狭まっているトレーナーの人を支援するため、「ホームワークアウト応援キャンペーン」を実施中。トレーナーのレッスン成約手数料を無料とし、レビュー評価がNo.1のトレーナーにコロナ対策サポート支援金として10万円を支給するといった試みをおこなっています。自宅でオンライントレーニングを指導してくれるトレーナーを探したい人はもちろん、コロナ禍で大変なトレーナーの方を支援したい方も、ぜひおすすめです。

 

■『Biosignal Art』

https://www.biosignal-art.net/

 

サイトのトップページはこちら。ブラウザは「Chrome」でご覧ください。

こちらはお手本のトレーニング動画に従って自身のトレーニングする姿を録画すれば、 その良しあしによって音楽効果が変わる新サービス。5月20日に発表されたばかりで、順天堂大学と立命館大学、東京藝術大学COI拠点という3大学が共同開発しています。運動不足に陥っている人々のためにこれまで培ってきた研究成果に基づき、約1か月という短期間で開発を進めたそうです。

具体的な方法としては、まず手持ちのパソコンを使い、搭載されているカメラで全身が写るように配置。音声に従ってトレーニングします。するとトレーニングしている人の姿勢の骨格モデルがリアルタイムで計算され、終了後には動作の解析が行われて採点がスタート。採点結果によって音楽が生成され、よりキレイな音楽の演奏を目指すというものになります。

ただスマホは利用できず、使用ツールはパソコンのみ。対応ブラウザは現在Google Chromeのみですが、順次他のブラウザに対応させていく予定とのことです。

☆☆☆

オンラインでできるトレーニングも可能性は、今度もますます広がると思います。コロナに負けない健康な体作りのためにも、運動は必要。ぜひオンラインでできるトレーニングを皆さんも取り入れてみてくださいね。

1 2