堅実女子のスマホアプリ 【アプリ見せて見せて】引きこもりで滑舌の衰えを改善すべく、アプリでお口のセルフチェックを実施!グラフィックデザイナー・あやさんのアプリ

本棚を見ると、その人がどんな人間かが分かるといいます。それは、スマホの中のアプリも同様。そう、アプリを見れば生き方も分かってしまう時代なのです。

今回ご協力いただいたのはグラフィックデザイナー・あやさん。仕事では「デジタルをうまく取り込めていないです……」と自覚しており、アプリはもっぱら仕事以外の日常生活で使うことが多いそう。TwitterやInstagramも見るだけで発信しないことが多く「今どき自分から発信しないと、宣伝になりませんよ!」と、助言されることもあるといいます。

あやさんがダウンロードしている「路線図」のアプリは残念ながら、今年6月末で新規ダウンロードは終了しております。
「毎日パタカラ」はあやさんのお父さんが「このアプリやってみな」と勧めてくれたそうです。

●グラフィックデザイナーといえば、あまり話すことなくステイホームで黙々と作業をするイメージがあります。アプリを拝見すると、お口や舌の動きのセルフチェックができるアプリ「毎日パタカラ」がありますね。

普段から1人でジーッと仕事していることが多く、誰ともしゃべらない日はザラです。滑舌の衰えは日々感じているし、口や舌の動きをチェックすることで、仕事中の眠気覚ましにもいいかなと思ってダウンロードしました。でも最近は忙しくて、ちょっとさぼり気味です。

●コロナ禍でオンライン診療のニーズが高まっています。「クロン」はオンライン診療アプリですが、よく活用していますか?

緊急事態宣言の自粛期間中に1度活用しました。「クロン」のようなオンライン診療はかかりつけの病院で薬を処方してほしい、みたいな時に便利だと思いますね。いつもなら時間がかかる薬局での薬処方もスムーズだし、自分で取りにいけないときは配送もしてくれるみたいです。どちらかというと、いざという時のお守り的な意味合いが強いかもしれません。

●あやさんは5歳のお子さんのママでもありますが、お子さん向けにオススメのアプリはりますか?

「Khan Academy Kids」はよくできていると思います。無料なのにコンテンツが豊富だし、子どもでも直感的に使いやすい。英語のアプリですが、お絵かきやゲームのコンテンツを純粋に楽しんでいたように感じます。英語の発音も上手くまねていて、学習面でもちょっと期待が持てますね。とりあえず親的には、子どものためにYouTube以外のこともやったという、自己満足も大きいですが(笑)。

●ところで「路線図」のアプリがありますね。路線図お好きですか?

路線図好きです!初めて乗る路線で電車に乗ったときはこれをみて「この先どんなところにつながっているのかなー」とか「ほぉ、ここで乗り換えられるのかぁ」と発見しつつ、暇をつぶしています。地図とか時刻表は永遠に眺めていられますね。ちなみに実用的な乗換をチェックする時は「ジョルダン乗換案内」を使っています。

●ありがとうございます!

1 2