ライフスタイル 【防災対策】これだけは入れておきたい防災アプリ5つ

熊本地震発生からすでに1週間以上経過しているにも関わらず、いまだに続く余震。熊本をはじめとする九州地方はもちろん、その他の地域でも防災対策や防災グッズの準備は必須です。それと同時に備えておきたいのが情報網の確保。最近ではネットやスマホのアプリが役立つと言われています。まだ防災アプリを入れていない人は、ぜひ入れてみてください。今回は編集部が厳選した防災アプリを5つ紹介します。(iPhone/Android:無料)

設定した3地域の災害情報がわかる「Yahoo!防災速報」

yahoo緊急地震速報、豪雨予報、津波予報、噴火警報、避難情報などの災害情報を伝えてくれるアプリ。自宅、実家、勤務先など、最大で3地域の速報通知設定ができるので、すぐに災害速報を受け取ることができます。位置情報を利用して現在地へ通知するので、どこにいても安心です。
■iPhone版はこちら
■Android版はこちら 

0422apri1

身近な災害情報や地域のお知らせもタイムラインでわかる!

災害や防災に関する情報が満載「goo防災アプリ」

goobousaiニュースや天気・気象など、災害や防災に関する情報を一括して閲覧することができるアプリ。「J-anpi~安否情報まとめて検索~」では、安否情報の登録・確認、防災マップや避難所の検索、家族との連絡などの専用機能も無料で利用できます。「goo防災マップ」では国土交通省が提供する避難所、公共施設、病院などの位置やNTT東西の公衆電話機の位置が地図上で確認できるのであわせてどうぞ!
■iPhone版はこちら 
■Android版はこちら

0422apri3

一目でわかりやすいシンプルなデザインも◎

1 2 3