ライフスタイル 【アプリ見せて見せて】オリンピック観戦で寝れない~!スポーツクラブ勤務の元アスリート優希さんのスマホ

本棚を見ると、その人がどんな人間かが分かるといいます。それは、スマホの中のアプリも同様。そう、アプリを見れば生き方も分かってしまう時代なのです。

今回紹介する優希さんは、オリンピックが始まってからついつい深夜の中継を見てしまい寝不足が続いているというスポーツクラブ勤務の28歳。4歳から水泳をはじめ、ジュニアオリンピックに出た経験もある元アスリートです。「自分がかつてオリンピックを夢見ていたので、その舞台に立っている選手を見ると、本当に感動してしまい、メダルを取った瞬間に自分まで涙を流しています(笑)」というスポーツファンの優希さんのアプリは、五輪マークがズラリと並ぶ、リオオリンピック仕様でした!

Screenshot_2016-08-08-05-54-46

1段目=ニュース、2段目=ツール、3段目=オリンピック関連……見やすいホーム画面ですね!

 

整理されたアプリリスト! さっそくよく使っているアプリを教えてください。

オリンピックが開催されてから、使うアプリがオリンピック関連のもの中心になっています。今流行りの『ポケモンGO』にはまっていたのですがやる時間が半減。ひたすらニュースや動画を見る毎日ですよ。

オリンピック情報をいち早く得るために『NHKスポーツ』『リオオリンピック民放公式アプリ gorin.jp』のふたつは頻繁にチェック! 1日10回以上開いているかな~。どちらも動画配信をしてくれるので、外出先でライブシーンをチェックしたり、テレビで見逃した名シーンをチェックすることができるんです。リオのニュースや選手や競技の情報も確認できますよ。個人的には『NHKスポーツ』の方が見やすい気がしますが、『リオオリンピック民放公式アプリ gorin.jp』は注目選手が出場する番組を見逃さないためのアラーム機能があったりして便利です。

あとはいつも使っているニュースアプリ『Yahoo!』『グノシー』『SmartNews』とテレビ番組表『Y!番組表』は毎日3回くらいチェックしているかな。どれもメダルを獲得すると速報でアラームが鳴るので便利です。競泳で萩野選手と瀬戸選手がメダルを取った瞬間とか、すべてのニュースアプリの速報アラームが鳴り、うるさかったけど……(笑)。 

それにしてもあの400m個人メドレーのシーンは、ライブでチェックしていて思わず声をあげて応援してしまいました。終わってから何度もハイライトシーンを見たのですが、本当に感動的! 気づくと自分まで涙目になってしまって……「よくやったな~」って、もはや親になった気分です(笑)。自分も競泳をやっていたので、ついつい感情移入しちゃうんですよね~。オリンピック前半は競泳のレースが続くので本当にテレビ観戦に忙しいです。

オリンピック、熱いですね! 『ポケモンGO』よりハマっているとは(笑)。他にはどんなアプリが?

『Rio 2016 Olympic Games』って知っていますか? 実はIOCから公式ライセンスを取得したモバイルゲームなんです。オリンピック競技であるアーチェリー、射撃、バスケットボール、サッカー、テニス、卓球の6つの競技が楽しめるアプリで、操作も簡単! 単純なゲームなのにハマってしまい、優勝すればメダルをもらえるので、まるでオリンピック選手になった気分(笑)。ちなみにゲームなので、開催中のリオオリンピックとは全く関係ないんですけどね!

あとは『Rio 2016 Social Hub』というアプリ(3段目の一番左)が面白いです。これは選手たちがSNSに投稿する写真やメッセージを見られるアプリ。すべて英語なので英語が苦手な私は内容を把握するのにひと苦労なのですが、インスタにあがった写真は英語がわからなくても見られるので画像のチェックをするだけでも、選手を身近に感じることができ、リオの雰囲気を味わえちゃいますよ。

まだまだ寝不足が続きそうですね(笑)。

本当困ってます(笑)。仕事柄、会員さんとの会話のネタにもなると思うと、情報収集しなくちゃいけないし、夜なかなか寝れなくて……しばらく寝不足が続きますが、しっかりオリンピックを応援しますよ☆

1 2