ライフスタイル クライアントの女性蔑視発言は無自覚でもセクハラに該当する?上尾美羽子さん(仮名・30歳・システム開発会社勤務)

これだけ世間でセクシャルハラスメントや、モラルハラスメントが話題になり、社会的意識が高まっているのにも関わらず、女性に対してそのような会話をすることが、相手の女性への“親しみを込めたお世辞”と考えている世の男性もいるようです。

しかし、それを受け手側が不愉快に感じれば、すなわちセクシャルハラスメントとなります。

セクハラはその人の主観による部分が大きく、行為をする者とされる者の感じ方によっても、また両者の関係性によっても違いが生じてきます。

まず、あなたがすべきことは、自分の会社の周囲の人に相談することです。

相手はクライアントではありますが、あなたが我慢を重ねることはありませんし、我慢を重ねた結果、何らかの“あなたが希望しない行動”をとらざるを得なくなることもあります。それが、あなたを大きく傷つけることにつながる可能性もありますし、あなたの会社と相手の会社の関係に変化が起こる可能性もあります。

質問文を読んだところ、ひとりで抱え込んで判断するのは適切ではありません。体調を崩し、法的手段に訴えるような状況になる前に、まずは直属の上司に相談し、担当を変更してもらうとか、訪問時などは複数人でクライアントと面接する等対策を考えてもらってはどうでしょうか。まずは、そこから始まります。

一緒に異動になった若手男性社員は、このクライアントに気に入られ、「仕事を教えてやる」と説教をされたり、女性がいるお店に付き合わされてうんざりしていると言う。

賢人のまとめ

一番避けたいのは、ひとりで抱え込むこと。周囲の人と対応策を考えることが解決の近道です。

1 2

賢人プロフィール

法律の賢人柳原桑子

第二東京弁護士会所属 柳原法律事務所代表。弁護士。

東京都生まれ、明治大学法学部卒業。「思い切って相談してよかった」とトラブルに悩む人の多くから信頼を得ている。離婚問題、相続問題などを手がける。『スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。

柳原法律事務所http://www.yanagihara-law.com/

Ranking

Information