ライフスタイル 妻子ある男性の子供を出産、相手に認知させるにはどうすればいい?神崎沙織さん(仮名・38歳・IT関連会社勤務)

法律上婚姻関係にない男女の間に生まれた子どもは、母の戸籍に入ります。

生物学的な父親とは、法律上の親子関係はありません。

よって、扶養や相続を受ける権利はありません。法律上の親子関係を形成するためには、父が子を認知をする必要があります。

認知には、父が自分の意思で役所に認知届けを出すことによって行なう「任意認知」と、父が自分の意思で認知しない場合に、子や母が、父に対し認知をするよう求めて裁判手続を行なう「強制認知」があります。

あなたの場合は、この「強制認知」に当てはまるようなので、まずは家庭裁判所に調停を申し立てることになります。

この調停で合意が成立し、裁判所がそれを認める審判をすることで、認知の効力が生じます。

調停で合意ができない場合には、訴えを起こすことになります。

訴えにおいては、父子関係を立証する必要があるので、例えばDNA鑑定の結果等の資料が必要です。

現在、娘は実家と共に育てているという。

賢人のまとめ

「任意認知」ができないなら、「強制認知」のために動き始めてはいかがでしょうか。

1 2

賢人プロフィール

法律の賢人柳原桑子

第二東京弁護士会所属 柳原法律事務所代表。弁護士。

東京都生まれ、明治大学法学部卒業。「思い切って相談してよかった」とトラブルに悩む人の多くから信頼を得ている。離婚問題、相続問題などを手がける。『スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。

柳原法律事務所http://www.yanagihara-law.com/

Ranking

Information