ライフスタイル 「妻と離婚する」と10年間言い続けた彼に慰謝料を請求したい宮本友里子さん(仮名・39歳・派遣社員)

A立場上、あなたのほうが妻から慰謝料を請求される可能性の方が高いです

弁護士・柳原桑子先生が堅実女子の悩みに答える連載です。今回の相談者は、妻子がいる人との恋愛に悩む、宮本友里子さん(仮名・39歳・派遣社員)。

「同じ年の彼と付き合って、10年になります。私と正式に付き合い始めたころ、元彼女に『子供ができた』と告白されてしまい、責任感が強い彼は、彼女と結婚しました。

彼は、『必ず離婚して、友里子と結婚するから待っていてほしい』と言ってくれました。もちろん私も、最初に会った時から『この人が運命の人だ』と思っています。

彼は『妻は子供中心で、僕のことを顧みない。家は居心地が悪く、義両親はデキ婚した僕に対して、いつも軽蔑した目で見る』などと言っており、そういう彼が気の毒で愛しくて、会社に帰る前に、終電までウチでくつろいでもらっています。

私は結婚して専業主婦になって、幸せな家庭を築くのが夢だと彼にはずっと言っていますが、なかなかその日は来ない。さすがに35歳のときに、出産のリミットを意識して、彼と別れようとしたこともあるのですが、彼は『友里子しかいない。別れないでくれ』と泣いてくれました。

そのほか、趣味も共通しているし、感性が合うから、他の男性には興味が行きません。

彼もそんな私を愛してくれて、結局10年間も毎日のように会っています。でも、私が結婚したいと言うと、『妻とは離婚の交渉中』と返され、そうこうしているうちに彼も私も39歳になりました。

あまりに彼が結婚の話を具体的にしてこないから、先週末、彼の家にコッソリ行きました。すると、コロナ禍だからか、彼は10歳くらいの女の子と、3歳くらいの男の子と、可愛い奥さんと一緒に庭でバーベキューをしているんです。

二世帯住宅に住んでいる妻の両親も笑顔で一緒にいて、軽蔑するどころか彼のことを“婿殿”という感じでちやほやしているんです。

私は10年間、ずっと彼を信じて待っていたのに、信じられません。私は彼に慰謝料を請求できますか?」

弁護士、柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2