ライフスタイル 【法律相談】母親に忍び寄るダメンズの影、財産を奪われないためにすべきこととは?中野芽衣さん(仮名・30歳・法律事務所勤務)

Aこまめなコミュニケーションが大切です。

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答える連載です。今回の相談者は、中野芽衣さん(仮名・30歳・法律事務所勤務)です。

「両親は、私が8歳のときに離婚しました。原因は父親のDVです。離婚後、私の母はめちゃくちゃ苦労した結果、化粧品会社を起業して、今はそこそこいい暮らしをしています。

一時期は、食べる物がなく、パン屋さんからパンの耳をもらって空腹をしのいだこともありました。

起業したばかりの頃は私も発注のラベル書きや梱包など、二人三脚で協力してきたと思います。

そんな母には、ちょいちょいボーイフレンドがいたのですが、最近、本気で恋愛をしているのではないかと思う男性が現れました。

母より10歳年下、50歳のその男性は、会社の経営にまでは口を出さないのですが、母とは同居したい素振りを見せています。

正直、私は男性が家に来るのは気持ち悪いし、その男はいかにもダメンズ。母が好むコーヒーを淹れたり、ケーキを焼いたりして、媚びている。母の財産にぶら下がろうという気がまんまんなのです。

この男性を母から遠ざけるためには、どうすればいいでしょうか。

もう一つ質問があります。この男性はクルマで私達のマンションに来るのですが、駐車時の目測を誤るらしく、来客用スペースの駐車場の外壁を傷つけており、管理組合から塗装代10万円の請求が来ました。

これは母が支払ったのですが、これを私から男性に請求する場合、どのような手順を取ればいいのでしょうか。

DV父から逃げて、ずっと2人で穏やかな生活を送っていたのに、この男は許せません。これからどうすればいいでしょうか」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2