ライフスタイル 【法律相談】在宅勤務が続いて体調不良に…、労災の申請はできますか?安達麻衣さん(仮名・30歳・シンクタンク職員)

A業務との因果関係を証明しないことには、労災の認定をされるのは難しいと考えられます。

弁護士・柳原桑子先生が堅実女子の悩みに答える連載です。今回の相談者は安達麻衣さん(仮名・30歳・シンクタンク職員)。

「在宅勤務が続いており、肩こり、眼精疲労、腰痛が激しくなりました。特にリモート会議のストレスが重いです。会社にいるのと比べて、気軽に会話ができる人も少なく、軽度のうつ状態になっています。

これらのケアを一切しない、会社に労災の申請はできますか?

また、不調を抱えても、業務は多くあり、人も辞めているので個々の業務量が増えつつあります。

それに、業務量が多くなった割には、給料が安くなっているようにも感じます。コロナで業績不振なのはわかるのですが……、これってどうすればいいでしょうか」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2