ライフスタイル 【法律相談】結婚後に判明した夫の経歴詐称……勤務先も貯金額も嘘だらけ!慰謝料ありの離婚がしたい北原咲世子さん(仮名・40歳・地方公務員)

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子のお悩みに応える連載です。今回の相談者は、北原咲世子さん(仮名・40歳・地方公務員)です。

「同じ年の夫とは友人の紹介で知り合い、1年前に結婚しました。とても優しくて、穏やかな人で、大好きになって結婚しました。

しかし、コロナ禍で一緒にいるようになって、さまざまなウソが発覚したのです。

まずは、貯金額です。1500万円はあると言っていたのに、300万円でした。

夫の勤務先は給料がいいことで知られているので、その貯金額はおかしいと思い、名刺を見ると、孫会社勤務だったことがわかりました。

しかも、有名大学を卒業していると言っていたのに、専門学校卒。

交友関係もみんなウソだったんです。私には、“あそこの社長は中学の同級生でさ~”なんて調子がいいことを話していたくせに、嘘だらけだったんです。

また、義両親も一流企業の役員だと言っていたのに、一般の会社員だったし……正直、夫が言う通りのプロフィールでなければ、結婚していなかったんじゃないかと。本当に自分でもこの気持ちをどうしていいかわからないのです。

先生にお伺いしたいのは、学歴・経歴詐称がわかった場合、慰謝料付きの離婚ができるかどうかということです」

弁護士・柳原桑子先生の解答は……!?

1 2