ライフスタイル 不妊治療の果ての浮気で妊娠。産んだらどうなる?今岡洋子さん(仮名・39歳・IT関連会社勤務)

A夫が子の出生を知った時から1年以内に「嫡出否認の訴え」を起こさなければ、夫と子の法律上の親子関係は否定されないということに、基本的にはなります。

堅実女子のお悩みに弁護士・柳原桑子先生が堅実女子のお悩みに答える連載です。今回の相談者は今岡洋子さん(仮名・39歳・IT関連会社勤務)。

「結婚7年間、ずっと子どもを望んで、不妊治療もしましたが、全く授かりませんでした。

不妊の原因は夫にあり、精子の量が少なく、元気もないとのことでした。体外受精を2回したのですが、授かる気配さえありません。

生理が来るたびに、さも私が悪いかのように落胆する夫が、ホントに嫌になりました。かつ、夫のほうに原因があるのに、私に対して嫌味を言ってくる義母にもうんざり。痛い治療をしているのは、私なのに。それに、そもそも私はそこまでして子どもを欲しいとは思っていなかったのです。

3回目の体外受精をした後に、元カレと再会。酔っていたこともあり、よく覚えていないのですが、深夜まで一緒にいたことは確かです。

このときに、たぶん妊娠しました。命が授かると、愛しく思うもので、産みたいと思います。今の生活だから、産んで育てられるので、彼にも夫にもホントのことを言うつもりはなく、夫の子どもとして産み育てようと思います。

出生届を出したら、夫の子どもとなることはわかっています。今後、遺伝子チェックなどで実子ではないとわかったら、親子関係が変わるのでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2