ライフスタイル 【法律相談】厳しいリモートワークで減給されそう……それなら残業代も請求したい!松本貴代さん(仮名・34歳・情報関連会社勤務)

弁護士・柳原桑子先生が堅実女子の悩みに答える連載です。今回の相談者は、松本貴代さん(仮名・34歳・情報関連会社勤務)。

「Webメディアを運営する企業に勤務していますが、昨年3月から”出社してはダメだ”という指令が出ており、社員は自宅作業をしています。

会社は非上場なので、業績などはかなり悪くなっているようですが、数字で表には出ていません。

先日、上司と同僚と久々に屋外テラスで会いました。みんな、同僚に会えないことでホントに疲弊していて、後輩は”この会がなければ、私、死んでたかもしれません”などと言い、泣いていました。同僚と気軽な会話がしずらいリモートワークはホントに辛い。

すると上司が”これは役員から聞いたんだけれど、今月から、自宅待機の間の給料は減額されるみたいだよ”と言うんです。

4月に完全出社停止になってから9カ月間、残業代はなくなりましたが、満額支払われていた給料が減らされるかもしれない。これって、法律的にアリなんでしょうか。リモートとはいえやることは多く、サービス残業をしています。これを会社に支払わせる方法が知りたい。

余談ですが、同業他社の中には、出社停止をせず、業績を伸ばしている企業が多々あります。それなのに厳しい出社停止をして、業績を落とし、給料を減らすなんて……策があるなら教えてほしいです。

新型コロナウイルスが流行る以前は、超多忙で土日も仕事をしていて、かなり体調を崩していましたが、自宅にいることでさらに悪化しました。治療費も請求したいのですが、どうすればいいですか?」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2