ライフスタイル 親族からの甥へのプレゼントをことごとく兄嫁が転売していた……【法律相談】秋野美和子さん(仮名・35歳・公務員)

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子の相談に応える連載です。今回の相談者は秋野美和子さん(仮名・35歳・公務員)。

「兄の妻について相談です。

兄はホテルに勤務していたのですが、コロナ禍で失業しました。もともと、クルマが好きでお金がなく、借金ばかりしています。兄の嫁がウチ(実家)に来ては、”息子に着せるものがなくて”などと言っていたんです。そこで、私は大好きな甥っ子のために、服やおもちゃをプレゼントしていたのです。

先日、兄の家に野菜を届けに行ったら、甥っ子は私が渡した服を着ておらず、黄ばんだボロボロの服を着ていました。甥っ子はクッキーが好きなので、よく兄嫁に渡していたのですが、それも食べていないと言います。

驚いて両親や親戚に言うと、”ウチも渡していた”と。みんな、たったひとりの孫である甥っ子に着せたくて、食べてもらいたくてお菓子や服をあげていたのにどうしたんだろう、と。兄嫁に聞くと、なんとネットオークションやフリマアプリなどに出品して売っていたというのです。

兄に聞くと、兄は関与していないとのことでした。兄がだらしないから、私達も兄嫁に渡していたのに……。

これらのものは取り戻せるのでしょうか? 

親戚に聞き取り調査をしたのですが、みんなの話を総合すると、甥っ子が生れてから5年間、こちらがプレゼントしたほぼすべてのものが、売られていたことがわかりました。これは詐欺に該当するのでしょうか?」

柳原桑子先生のアンサーは次のページへ

1 2