ライフスタイル 葬式でもふざける「からかい癖」がある婚約者。別れたくないが受け入れられない【法律相談】安原詩織さん(仮名・35歳・公務員)

弁護士・柳原桑子先生が堅実女子の悩みに答える連載です。

今回の相談者は、安原詩織さん(仮名・35歳・公務員)。

「2年間の婚活を経て、半年前にやっと正社員で働く彼(36歳・メーカー勤務)ができ、結婚を前提におつきあいをしています。先週末に両家の両親の挨拶もすませました。この彼と“別れたくない”ことを前提に相談させてください。

彼は“からかい癖”とでもいうのでしょうか、真面目な場所であるほど、変なことをするのです。

先日、私の祖父の葬式があったのですが、みんなが泣いているのに、聞こえよがしに、お坊さんのお経に合わせてモノマネをしたんです。それがすごく似ており小学生の親戚が大笑い。調子に乗ってお経をパロディにして歌まで歌い、葬式を台無しにしてしまいました。

注意をすると「暗いよりはいいでしょ」と言いました。

また、私が料理をしているときにくすぐってきたりして危ない。何かをとってほしいと頼んで、渡してくれるのかと思ったら、私が取れないようにサッと引っ込めるとか、小学生の男の子がしそうな嫌がらせを毎日のように楽しそうにするんです。

それだけでなく、私の本当に嫌がること(下着姿の写真を撮影したり、男友達の連絡先を消したり)をします。結婚したいからこそ、これらの行為を強く拒否したことで、万が一破談になった場合、彼に慰謝料は請求できますでしょうか。」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは次のページへ

1 2