ライフスタイル 【法律相談】副業のベビーシッターで子どもをケガをさせてしまい、慰謝料請求が!

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子のお悩みに法律的観点から応えてくれる本連載。

今回は、フリーランスでベビーシッターの副業をしている大学院生・まゆみさん(28歳)からの質問です。

 

ここ3年間ほど、フリーランスのベビーシッターとして副業をしています。口コミのみで集客をし、基本的に依頼を受けた人のご自宅にお伺いして、2~12歳までの子どもを1日数時間預かるというのが仕事内容です。

基本的に、”友達の友達”という程度の距離感の知り合いからしかお仕事を受けていなかったのですが、先日、常連の方から”同じ保育園のママ友が困っているので、どうしてもお願い”と頼み込まれて、2歳の女のコをうちでお預かりしました。

公務員のシングルマザーで、女のコはとてもアクティブでした。ところが私がちょっと目を離したすきに、女の子が転んで頭を打って血を出してしまったんです。あわてて救急車を呼んで、大事がないとわかったのですが、お母様はカンカン。1時間ほど私を罵倒し、慰謝料をよこせと怒っています。

こういう場合、どのようにリスクヘッジすればよかったのか、慰謝料はいくら程度なのが相場なのか、などを教えてください。

 ▶▶▶▶柳原桑子先生からのアンサーは次のページへ

1 2