ライフスタイル 速読術を身に付けたら、立ち読みで一冊読破できてしまった……【法律相談】佐藤詩織さん(仮名・28歳・貿易関連会社勤務

堅実女子の悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答える連載です。今回の相談者は、佐藤詩織さん(仮名・28歳・貿易関連会社勤務)。

「コロナ禍中、ヒマだったので、速読術の練習をしました。私には才能があったらしく、サクサク読めるようになったんです。

私がメインで勉強した速読術の先生の他に、どんな本があるんだろう……と、速読関連の本をチェックしたら、立ち読みで事足りてしまいました。

これだけ読むのが早かったら、小説1冊くらい読めてしまうよな……と思ったところで、メールさせていただきます。

立ち読みで本を1冊読んで、情報を得たのに買わないというのは、いわゆる”万引き”に当たりますでしょうか。

もちろん私は本が好きだからそのあと買ったのですが、立ち読みで雑誌や本を読破してしまうことは、罪になるのではないかと気になります」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは次のページへ

1 2