ライフスタイル 両親が実家に置いてあった私の荷物を、跡形もなく捨てていたのが許せません! 慰謝料請求できますか?華絵さん(32歳・流通関連会社勤務)

親子といえども,自分の所有物ではないものを勝手に処分することは,いけないことです。

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が応える本連載。今回の相談者は、実家にあるものを親にすべて捨てられてしまったという華絵さん。

「60歳の両親がある日突然、断捨離に目覚め、実家に置いてあった私の大切なものを、無断ですべて処分してしまいました。バイト代を貯めて買ったパーカー、グッチのバッグ、ぬいぐるみ、卒業アルバム、手紙、写真……大切にとっておいたサンリオのシールなど、私の思い出どころか、私が存在していた痕跡がすべてなくなるまで捨てられていました。

あまりのショックに親に問いただしたら、『実家を出てから10年間、置いておく方が悪い』の一点張り。挙句の果てには10年分の保管料をよこせ、と言う始末。それゆえに、私は悔しくて体調不良になりました。

子どものモノとはいえ、捨ててはダメですよね。法律的に、このような問題はどう解決するのでしょうか。できれば私は親から慰謝料を貰いたいです」

▶▶▶柳原桑子先生のアンサーは次のページへ

1 2