ライフスタイル 「スマホロック禁止」激しい彼の束縛とモラハラ……結婚せず別れるべき?【法律相談】今回の相談者は上尾心愛さん(仮名・27歳・派遣社員)

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子の悩みに答える連載です。今回の相談者は上尾心愛さん(仮名・27歳・派遣社員)。

「交際当初は優しかったのですが、2年が経過し、結婚話が本格的になってから彼が徐々に変わってきました。

最初は、彼と会っていないときに私が何をしているか聞かれる程度だったのですが、最近は着る服やヘアスタイルまで、彼の望み通りにしないと、きつく当たられるようになりました。

さらに、共通の友達の前で、私の悲しい過去についての話をバラされたり“こいつはバカだから、付き合ってやっている”などと言われました。スマホのロックを禁止されて、私の男友達の連絡先を勝手に消すようにもなりました。

さらに、私が撮ってほしくない姿の写真なども撮るようになりました。

今、私は実家で生活しています。メンタル的にも体力的にもフルタイムで働くことが厳しかったので、実家暮らしは嫌だと思いながらもなかなか自立できていませんでした。親からも“出て行ってほしい”と言われ続けていて、どうせなら結婚して出ていこうと、必死で婚活して捕まえたのが彼です。

とはいえ、彼はいつもはとても優しいのです。ただスイッチが入ると束縛し始めます。彼の両親も私のことを気にいってくれていることもあり、彼の束縛やモラハラ以外は、とてもいい環境なのです。

来週から彼と一緒に住むことになり、家を借りるお金は私の少ない貯金から出してしまいました。

彼の一連の行為を強く拒否して破談になった場合、慰謝料とまではいかなくても、引っ越しの費用程度は請求できますでしょうか。そのために残しておくべき証拠などを教えてください」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは次のページへ

1 2