ライフスタイル 未婚だと言っていた彼が既婚者でした。しかも私と付き合っていることが奥さんにばれて、私にも慰謝料が請求されそう…… 桜子さん(34歳・マスコミ関連会社勤務)

A彼が既婚者だと知らなかったという客観的事実があれば、責任は負いません

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答えてくれる本連載。

今回の質問者は、「結婚を前提に1年間交際していた40歳の彼が既婚者だった」という34歳の桜子さん。

「街コンで知り合い、交際1年。結婚していないと言っていた彼が既婚者でした。私がそのことを知ったのは、奥さんからの電話。私と付き合っていることに気が付いた彼女が、彼のケータイのメモリーを見て、いきなり私に電話してきたんです。

街コンの参加者は全員未婚とのことだったので、安心していた私がばかだったのかもしれません。

奥さんの怒りの剣幕はものすごく、弁護士を同席しての話し合いの場を設定されてしまいました。ということは、私にも慰謝料を請求されそう…… 私も彼に騙されたのに、踏んだり蹴ったりです。ホントに結婚していると知らなかったのですが、それで通用するものなのでしょうか」

▶▶▶弁護士・柳原桑子先生のアンサーは次のページへ

1 2