ライフスタイル 横断歩道外を渡ろうとしたら警備員に怒鳴って注意された…法的権限はある?【法律相談】今回の相談者は玲奈さん(仮名・30歳・広告代理店会社勤務)。

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子の相談に応える連載です。今回の相談者は玲奈さん(仮名・30歳・広告代理店会社勤務)。

工事現場の警備員が交通違反を怒鳴って指摘

自宅の近くで道路工事をしているのですが、先日、その前を歩いていて、全く車が通っていなかったので、横断歩道ではない道を渡ろうとしたんです。

すると、工事現場の警備員が「おい!そこは渡れないだろ!危ないんだよ!!」と大声で怒鳴って来たんです。

クルマは全く通っていないし、信号がない道です。横断歩道外を渡ろうとした私も確かに悪いですが、そんなふうに怒鳴られるのもどうなんだと…。

私は幼い頃に暴力的な父親がいる家庭で育ったので、人の怒鳴り声に敏感で、その日は涙が止まらず、手が震えて仕事が手につきませんでした。

そのことが引っかかりながらも、先日、別の道を歩いているときに、大学生くらいの女の子が赤信号を無視して渡ろうとしていたんです。もちろん、周辺にクルマはいません。

すると、そこにいた警備員が「赤信号ですよ! 渡っちゃダメですよ」と叫んだのです。

女の子は罰が悪そうにしていました。友達もいたので、冷やかされてしまったと思います。他人事ながら、気の毒だなと思いながら通り過ぎました。

まず、お伺いしたいのは、工事現場の警備員に、交通違反を忠告する権限はあるのでしょうかということ。

あと、これは私の件ですが、警備員に怒鳴られてから、幼い頃に怒鳴られた経験がフラッシュバックし、眠れなくなってしまいました。

警備員が怒鳴られたことがきっかけで健康を損ねたのですが、この場合の損害賠償請求はどこにすればいいのでしょうか。

【弁護士・柳原桑子先生の回答は次のページへ】

1 2