ライフスタイル 会社の後輩が好きすぎて何度もアタックしていますが…これってセクハラ?【法律相談】今回の相談者は優紀さん(仮名・32歳・広告代理店勤務)

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答える連載です。今回の相談者は優紀さん(仮名・32歳・広告代理店勤務)

***

リモート会議に映る自宅で趣味や好みをチェック

5歳年下の後輩を好きになってしまいました。

彼は目立たないのですが、落ち着いていて、つかみどころがない感じや、独特の空気感があります。マニアックなブランドの名刺入れやスマホケースを持っていて、「センスがいい子だな」とは思っていたんです。

2年前にうちのチームに入ってきたときは、「やった!ラッキー!」と思ったのですが、すぐにコロナ禍に。距離も詰められないまま、リモートになってしまいましたが、リモート会議で彼の自宅の様子を見られる機会がありました。

リモート当初は、部屋の状況が見えるようになったままだったこともあり、つい気になってチェック。本棚にある本のタイトルや、飾ってあるCDやレコード、小物などなど。そこにある本は自分でも読み、CDもめちゃくちゃ聞きまくって、リモート明けの共通の話題にしました。

また、彼の部屋にあった私服のブランドタグやクッションカバーなどもチェックし、そのブランドのバッグを購入したりもしました。

リモート明けに、女性を滅多にホメない彼から、「それいいですね」と言われたときは、天にも昇る心地でした。

そして先日は、インスタのアカウントを特定。それをさかのぼり、よく行くお店や友人関係、好きな音楽などを見て、そこから大学などを検索しまくり、実家も特定。仕事が手につかないほど好きになってしまい、いつもドキドキしています。

先週、2年ぶりの忘年会があり、彼女がいるかどうか聞いたら『いません』とだけ答えてくれました。その翌日から、さりげなく私のそばにいて、仕事のフォローをしてくれることも多い気がします。先日は、ヘアスタイルを変えたことに気が付いてくれました。

好意は伝えているのですが、毎回うやむやにされています。拒絶されている気配も感じられないので、アタックし続けたいのですが、私のこの行動はセクハラになるのでしょうか。

柳原桑子先生のアンサーは次のページへ

1 2