ライフスタイル 貸した着物にシミが…弁償してもらうにはどうすればいい?【法律相談】今回の相談者は朱音さん(仮名・32歳・メーカー勤務)です。

弁護士・柳原桑子先生が悩みに答える連載です。

今回の相談は、最近増えている友人間のモノの貸し借りのトラブルについて。朱音さん(仮名・32歳・メーカー勤務)は、茶道を始めた会社の後輩に貸した着物にシミがついて返ってきたことに対して、怒りを覚えています。

茶会で着物を貸してあげたのに…

ウチの会社には茶道部があり、そこで仲良くしている後輩に着物を貸しました。それは、まだ一度も着ていない10万円の着物です。

経緯としては、私が取引先の人に誘われて、出席の返事を出したお茶会にどうしても参加できなくなり、以前からその茶会に行きたがっていた後輩にピンチヒッターとして行ってもらったのです。

以前、私がその着物を買ったことを自慢したことを覚えており、「新年の茶会だし、私が持っているのはレトロ着物ばかりで恥ずかしいんです。だから、どうしても貸してほしいです」と言われ、代理に出席してもらう負い目もあり、しぶしぶ貸してしまいました。

翌日に返されたのですが、畳み方が超雑でした。嫌な予感がしたのでよく見ると、コーヒーをこぼしたようなシミもついていました。そのことを言うと「たぶん私じゃないと思います」と言われてしまったんです。

ホントに怒りがおさまらないというか…、着物の10万円を弁償させたいのですが、どうすればいいでしょうか。

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは次のページへ

1 2