ライフスタイル 5年間の結婚生活のうち、4年間も別居。それでも夫とは離婚したくないのですが、どうしたらいいのでしょうか。千佳子さん(36歳・マスコミ関連会社勤務)

A夫の離婚請求は原則として認められません

弁護士・柳原桑子先生が堅実女子のお悩みに答える連載。

今回の相談者は、結婚はしたものの夫が彼女の家に入りびたりで、ほとんど家に帰って来なくなってしまったという千佳子さん(36歳・マスコミ関連会社勤務)。

 「どうしても結婚したかった時期に、出会い系アプリで知り合った夫と結婚して5年になります。最初の1年間は楽しく結婚生活を送っていたのですが、私が彼のケータイを見ていることがバレて険悪な雰囲気になり、夫が家出してしまいました。

最初は実家にいたようなのですが、その後彼女ができたようで、4年間はその女性の家にいて、実はほとんど会っていません。しかし私は“既婚者”という社会的信用を得たいので、夫とは絶対に離婚をしたくありません。

でも夫はそう思ってないみたいで、自分で浮気をしたにもかかわらず、私に対して離婚してくれと言ってきます。どうも相手に子供ができたようです。

先に結婚したのは私で、私は4年間も夫以外の男性と恋愛していませんし、離婚も絶対にしたくありません。夫とは一緒に住まなくてもいいし、愛してもいないし好きでもありませんが、離婚はしたくありません。

もし裁判ということになった場合、夫の身勝手な要求が認められることがあるのでしょうか。これに対して私はどのように応戦すればいいのでしょうか。

弁護士・柳原桑子先生の回答は……!?

1 2