ライフスタイル 同棲している彼が浮気しました。相手の女性から慰謝料が欲しいです野中弓枝さん(仮名・34歳・通信関連会社勤務)

A住民票も同じくしている事実上の夫婦。それゆえに夫婦と同じ法律的な責任があります

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生がアンサーする本連載。今回の相談者は、野中弓枝さん(仮名・34歳・通信関連会社勤務)

「同棲して2年になる彼が浮気しました。けじめをつけるためにも、彼の浮気相手の女性に慰謝料を請求したいです。

私と彼とは同棲して2年になります。彼の母親が、離婚家庭で育った私のことを嫌っており、反対で入籍こそしていませんが、事実上の夫婦だとお互いに思っています。彼の母親が亡くなったら入籍しようと考えています。

単なる同棲ではなく、住民票も彼を世帯主として、同一世帯として届けていますし、彼の会社にも事実上の妻として公に認められているとお互いに思っています。

それなのに、彼が浮気をしました。相手は彼の部署に配属された新卒の女の子です。彼が朝帰りしたので問い詰めたら、浮気の事実を認めました。酔いつぶれた彼女を介抱して家に送ったら、抱き着かれてそのまま男女の仲になってしまったとのことです。彼の性格から考えても、相手の女性が彼を誘ったことに嘘はないと感じます。

偶発的な事故とはいえ、私は怒り爆発で、絶対に許せません。

そこで、けじめをつけるためにも、相手の女に慰謝料を請求しようと思っていますが、事実上の妻である現在の関係でも、慰謝料請求は認められますか?」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!? 

1 2