ライフスタイル 晒したのは親友!Web広告に、自分の顔写真が使われ、拡散された衝撃柳田真由美さん(28歳・派遣社員)

A友人間の意思疎通の行き違いが問題なのかもしれません

弁護士・柳原桑子先生が堅実女子のお悩みに答える本連載。今回の相談者は柳田真由美さん(仮名・28歳・派遣社員)。

「大学時代からの親友で、心の中を打ち明けて語り合い、信頼していた大親友がいます。彼女は一浪しているから私より1歳年上なのですが、男性にもモテて、仕事もできる自慢の友人です。

彼女は学生時代からとても頑張って、第一志望だった広告代理店に内定を決め、以来6年間すごく一生懸命に仕事をして、大きな契約に結びつけているという話も聞いていました。朝から深夜まで、休日も返上して働いている親友の役に立ちたいと思い、さまざまな協力をしてきました。そのうちのひとつが、私の顔写真の提供です。

自分で言うと変な感じがするのですが、私はいわゆる美人です。パッチリ二重は周囲からも称賛されていましたし、色白で黒目が大きいこと、鼻筋が通っていること、唇が立体的なことなど小さい頃から今まで褒められていました。雑誌の読者モデルなども自己推薦ではなく、編集者からスカウトされてやっていた経験もあります。

ですから、その親友にも顔写真の提供や、グループインタビューの協力も惜しまずやってきました。たまに謝礼が出たのですが、そのときに“私はフリー素材だから”と冗談で話していたのです。しかし先日、実際に大規模な広告キャンペーンの一部で、私の顔写真が使われているのを発見し、びっくりしました。しかも、彼女はその長期かつ大規模なキャンペーンの成功で、ちゃっかり年収アップもしていたのです。かなり大きな額の臨時ボーナスが入った噂も聞きました。親友だったら一言“ごめん、どうしても人数が足りなくて使わせてもらいたい”と言ってくれればよかったのに……と、もやもやが日々大きくなります。

私は裏切られたような気持で、毎日心がふさいでいます。この件に関して、慰謝料か名誉棄損で訴えることはできますか?」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは次のページへ

1 2